ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

説法めも

相手の罪が悲しくて許せなくて

質問 「自分がすごく大事に思っている人が、他の命を奪うような取り返しのつかないようなことをしてしまったと知り、そのことが悲しく許せない気持ちになります。どうすればいいでしょうか?」 回答(スマナサーラ長老談) まずは、自分にはほかの人を裁く権…

智慧とは、どういうものでしょうか?

質問 「智慧とは、どういうものでしょうか?」 回答(スマナサーラ長老談) そのときどきで、「”こうすればいい、ああすればいい”とわかることが智慧ではないのか」という質問の趣旨でしょう? それには、智慧とは別に、われわれは別な単語を使っています。 …

ウェーサーカ祭 Wesak 2017 Tokyo,Japan

5月7日(日)東京 なかのゼロ小ホールにてウェーサーカ祭が開催されました。 まずは、午前の部の動画を。Facebookにて見られます。(期間限定公開) http://fb.me/BDCwNroa 54:00頃から スマナサーラ長老の法話 午前の法話は、ウェーサーカにちなんだ「お…

悩みがない人はいるのでしょうか?

質問 「悩みがない人はいるのでしょうか?」 回答(スマナサーラ長老談) 悩みのない人間はいません。 悩みのない生命もいません。 生きているならば、悩み苦しみというのはインストールされているんですね。 悩み苦しみがあるから、生きることに頑張っちゃ…

死が怖くて、じっとしていられません

質問 「強迫神経症で二十年以上、薬を飲んでいます。 死が恐怖で、変わりゆくものを元に戻そうとして、自分のこころの不安を取り除こうとして、掃除などしてクタクタになるまで動いてしまいます。 死が怖いということや、じっとしていられないことに対して、…

sato caraṃ (サトーチャラン)~勇者は新たな冒険へと旅立つ - スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い4

sato caraṃ (サトー チャラン)とは、「サティを持って生きる」という意味だ、というのがスマナサーラ長老の解説でした。 さて、ここで問題です。 この日本語訳のなかで、サトー チャランに該当する箇所はどこでしょうか? 1066(1072) 師は言われた。 「ドー…

道場めぐりを終わらせるヒント。kathaṃkathiṃ(カタンカティン)とは?- スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い3

さて今回は、2つ目のパワーワード「kathaṃkathiṃ(カタンカティン)」です。 1063(1069)でドータカさんは次のように、釈尊にお願いします。 「わたくしは、神々と人間との世界において何ものも所有せずにふるまうバラモンを見ます。あまねく見る方よ。わ…

nigghosaṃ(ニッゴーサム)とは?- スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い2

この経典に出てきた3つのパワーワード nigghosaṃ(ニッゴーサム) 波が生まれない境地 kathaṃkathiṃ(カタンカティン) あいまい、中途半端 sato caraṃ (サトー チャラン) サティを持って生きる から、経典の意味に迫っていきたいとおもいます。 今回は一…

パーリ経典解説「スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い」1

4月26日、スマナサーラ長老によるパーリ経典解説が行われました。 前回に引き続きスッタニパータの彼岸道品の中から、今回は「学生ドータカの問い」1061~1068(1067~1074)です。 注目したパワーワードは、この3つ。 nigghosaṃ(ニッゴーサム) 波が生ま…

金銭的な成果は、どこまで追求していいのでしょうか?

質問 「商売で、金銭的な成果は、どこまで追求していいのでしょうか? 」 回答(スマナサーラ長老談) 「金儲けしよう、金儲けしよう」とばっかり思ってしまうと、欲で壊れてしまいます。 どれくらい金があればいいのかと考えることも、ちょっと意味がないん…

成果が希望通りに出ません

質問 「大学生ですが、会社もやっています。その会社の成果が希望通りに出ません。気持ちの持ちようを教えてください。」 回答(スマナサーラ長老談) 大学生をやりながら仕事もして立派だと、まず褒めてあげたいですね。 しかし、二つのことを同時にやって…

仏教はどのような教えでしょうか?

スマナサーラ長老 法話と実践会(ゴータミー精舎)動画: http://fb.me/VtsVf0I9 ( 法話めもより) 仏教は、生きるとはどのようなことかと説明しているだけです。 そこに価値判断は入れません。 価値判断をするためには、何かに比較しなくてはいけません。 …

「幸せの育て方」スマナサーラ長老 初期仏教月例講演会 

今月9日にスマナサーラ長老による法話「幸せの育て方」が、東京・中野にて行われました。 動画はこちらに www.facebook.com Twitterによる法話メモはこちらに スマナサーラ長老の法話メモ(@jtba_talk)/2017年04月09日 - Twilog このツイートの中で最もリツイ…

スッタニパータ5彼岸道品 学生メッタグーの問い

スマナサーラ長老による経典解説「スッタニパータ5彼岸道品 学生メッタグーの問い」が、下記で現在動画公開中です。 www.facebook.com 文字で読む経典解説(実況ツイート):スマナサーラ長老の法話メモ(@jtba_talk)/2017年03月31日 - Twilog 前回 の経典解…

その子は自分の死を予告した(スリランカのニュース)

「死に方入門」(スマナサーラ長老講演)でお話に出た、「自分の死を予告した少年」の記事が、以下のサイトにりました。(注:安置された遺体の写真が載っています) 記事(2017.03.08付け)によると、スリランカの8歳の少年は、交通事故で亡くなったのですが…

「死に方入門」初期仏教 月例講演会 スマナサーラ長老

「死に方入門」というスマナサーラ長老の法話を聴きました。 こんなお話が耳に残りました ヴィパッサナーを日頃からしている人は、死の直前になっても、ほとんど自動的にヴィパッサナーによる観察に入っていく。 だから、普段から怠らないで、クセになるまで…

悲しみや寂しさについて

「悲しみや寂しさについて」 (スマナサーラ長老談) 寂しさというのは依存ですね。 依存から出てくる問題です。 ややこしいです。 生きるとは依存です。 何かに依存しなくちゃ命が成り立たない。 だったら必ず寂しい。 依存したものも、それも無常だからな…

大乗仏教の空(くう)とは?

質問 「大乗仏教の空(くう)とは何でしょうか?」 回答 (スマナサーラ長老談) 空(くう)とは、知識でとらえられるものではないんですね。 大乗仏教にヒンドゥー教が入ったところで、「空って何だ?」とわからなくなってしまった。般若心経は全くの間違い…

両親との関係に悩んでいます

質問 「自分の両親との関係に悩んでいるのですが……」 回答(スマナサーラ長老談) 各家庭の親子関係が違いますから、わたしには一般論しか言えません。 親はいろいろなんですね。自分が知っているのは自分の親だけです。 独裁的な親、子供の機嫌を取る気が弱…

『慈悲の冥想』の講習(3)嫌いな生命さえも

(前回 『慈悲の冥想』の講習(2)生きとし生けるもの ) しかし、人間っていうのはものすごくわがままだから、失敗するんです。 それで、自分が本物かどうか確かめなくちゃいけない。自分が本気になって自我を捨てて、一切の生命を慈しむ立派な人間か、あ…

『慈悲の冥想』の講習(2)生きとし生けるもの

(前回 『慈悲の冥想』の講習(1)わたしとわたしの親しい生命 ) 次に、 これだけでは足りません。 もっと無制限に、広いこころを持つ人間にならなくちゃいけません。 仏教の期待は、あなた一人一人が無量の、無制限の力ある人格者なってほしいということ…

『慈悲の冥想』の講習(1)わたしとわたしの親しい生命

《2007.04.09 スマナサーラ長老『慈悲の瞑想』の講習》 これから「慈悲の冥想」の言葉を、本気で言ってください。 一度、わたしが四行を言います。 それから、一緒に言ってください。 本当は、テキストを見るとちょこっと集中力がなくなっちゃいますから、で…

怒らないでいると、悪い人や言うことを聞かない子供が手を付けられなくなってしまいませんか?

質問 「怒らないでいると、悪い人や言うことを聞かない子供が手を付けられなくなってしまいませんか? 怒らないで失礼な人と接したり、子育てをするにはどうしたらいいのですか?」 回答 怒らないでできますよ。 相手に教えるのだから、相手のことを育ててあ…

思考のメカニズム

「智慧の扉」というのは、日本テーラワーダ仏教協会の機関誌 パティパダーの表紙を開くとすぐ読める短い法話です。扉を開けばそこから智慧の世界という、まさに「智慧の扉」ですね。 Twitterで紹介された2014年12月号の智慧の扉です。 #jtba【ご紹介】12月号…

人の本性は悪なのか

質問 「人の本性は悪だとお釈迦様は仰っているそうですが、赤ん坊のころは、どうなのでしょうか?」 回答 (スマナサーラ長老談) 人間は貪瞋痴を持っていますから、不善だと言わざるを得ないんですね。 しかしみんな共通して持っているものだから、善悪とい…

人は生まれながらに仏性を持っているのか

質問 「人は生まれながらに仏性を持っているという考え方がありますが、正しいですか?」 回答 (スマナサーラ長老談) それは優しい考え方だと言えますが、正しくはありません。 正しくはないんだけど、「誰でもみんな仏性があって平等なんだ」と考えると、…

先祖供養について

質問 「先祖供養について教えてください」 回答 (スマナサーラ長老談) 先祖供養は文化的なものであると、まず理解しなくてはいけないんですね。 西洋文化やイスラム教文化ではあまり先祖供養はしません。 亡くなられた方々を思うのは、人間として恩を知っ…

みんな ″origin″ を探している

Origin(オリジン)って言っても、オリジン弁当のことじゃないですよ。(長老ギャグを真似しました) わたしたち人間というのは、思考の癖で、origin(おおもと)を探してしまうのだそうです。 スマナサーラ長老のたとえ話によると、 たとえば、針金と紙でち…

なぜ人は祈るのか?

なぜ人は祈るのでしょうか? パーリ経典解説《スッタニパータ5彼岸道品3学生プンナカの問い》 のなかの、スッタニパータ1052.(PTS.1046)で、お釈迦様が、祈祷することで生老病死は乗り越えられない、とおっしゃっていました。。 それでも、わたしはまだ…

冥想を頑張る人が陥る悩み

前回 は、お釈迦様が普段は使わない一人称の動詞 brūmi(ブルーミ)を使って、「わたしは自分の責任において次のように断言します」と、阿羅漢とはいかなるものかと表明した、おどろきの発言をご紹介しました。 今回の「スッタニパータ5彼岸道品3学生プン…