ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

輪廻とか、考えると落ち込んでしまうのですが?

9.質問「輪廻とか、自分の下の次元の生命のこととか、考えると落ち込んでしまう」

(2014年10月4日(土)スマナサーラ長老「法話と実践会」よりメモしました。今回の質問は9つでした。そのうち9問目、これで終了です)

動画はこちら⇒ Ustream.tv: ユーザー DhammaStream: JTBA, JTBA. 仏教

 

 

 

輪廻や生きていることと言うのは、危険なシステムだと理解すること。

 

輪廻がいかに怖いことかとは、現実ですから知ってほしい。

いい人間でも最期に嫌な気持ちになったらしようがない。死ぬときは誰だって病気で倒れて苦しくて……嫌な気持ちで死ぬ可能性が高い。

 

その危険性、危機感は必要でしょう。

落ち込む必要無い。

 

津波は危険。津波警報が出たら警戒するだけ。地震は危険。ではどうすればいい、と行動する。落ち込む場合? 

 

危機感が必要です。津波なんてただの波でしょうとごまかしていい? 本当のことを言わなくちゃいけない。

 

輪廻がとても危険なものだと危機感を感じて、ではどうすればいいと、慈しみを実践して心を清らかにして執着をなくせば、安全ですね。

 

体が病気になると知っていれば、実際に病に倒れても、ああそろそろ来たかと落ち着いている。こうなると十年間も観察していたんだよと。

明るくなります。

そういう方法を教えていますから、仏教では。

 

広告を非表示にする