ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

農業で農薬をまくことは罪になるのでしょうか?

質問「有機農業家です。私は農薬を使っていませんが、市場に虫食い野菜を出せないので仕方なく別の方法で退治しています。農業で農薬をまくことは罪になるのでしょうか?」

ポイントまとめ

  • 農薬をまくことは罪

  • 農業は命を与える仕事。だから誰にだって命を上げるという気持ちが必要

回答(スマナサーラ長老)

殺意なく農薬をまくという言葉は、ちょっと信用できません。殺意の自覚が無いとしたら、感覚が相当麻痺しています。

私は、全く虫を殺さない農業家を知っています。まじめな仏教徒です。完全に殺生しないで農業をやっています。畑にはイノシシも来る。ネットを張っても土を掘って下からやってきますよと、すごく楽しそうに語るんですね。でもその人の野菜は30分で全部売れてしまいます。その野菜を売る日は、買う人が野菜の到着を待っている。(その農家さんは)会計計算がそんなに得意じゃないので、お会計も買う人が自分でやって、袋に入れて持って行く。

多少の虫食いはあります。虫対策として、インドに生えているすごく苦い葉っぱをまいたりしているみたい。しかし、本人が少しくらい虫が食べてもいいんじゃないと思っています。畑に、売り物にならない野菜をそのままおいて置くんですね。それを虫たちが食べる。だから全然虫食いが問題になっていないんです。本人が喜びいっぱいで生きている。自分がしっかり生きているんだという自信です。それが豊かと言うことなんですね。農薬を使ってぼろもうけしてやるぞと思っても豊かにはならない。

 

人間にいくら言っても聞く耳を持たないと知っているので、このアドバイスを聞いてくれないとは思いますが、野菜を、田圃を作ると言うことは、命を与えることなんですよ。だったら、みんなに命を与えるという慈しみでやれば、虫が食べに来ても、はいどうぞと。ほんとは人間に売りたかったけど虫に上げましょうと。そう慈しみがあれば全然問題にならないんです。慈しみっていうのは人間に理解できない働きがあるんです。慈しみがあると、いかなる生命も皆協力するんです。邪魔しないんです。

血を吸う動物にはこの慈しみがあまりきかない。どうしようもないんです、血を吸わなければいけないから。それ以外だいたい、虫たちは協力的になります。

 

農業は金もうけをしているんじゃなくて命を上げているんだ、病気になったときだけ人を助ける医者よりも、何よりも、毎日人びとに命を上げている尊い仕事なんです。農業は仕事の中で一番尊いです。仕事自体が善行為なんです。

ちょっと気持ちを変えるだけなんです。農業が金もうけになってくると、悪そのものなんです。人類に毒を食べさせてるんです。命を与えるチャンスなのに。

 

慈しみは真理ですからね。嘘じゃないからうまくいくんです。慈しみの通りにやろうとすると、見事に物事がうまくいきます。

普段私たちは、俗世間で汚れた思考に乗って生きているんだから。それって変でしょうに。頭がいかれた人のアドバイス(農薬は仕方ない、など)を受けて、なんで世界が動いているんですか。頭がいかれていない、人格完成者で智慧の完成者のアドバイス(ブッダの慈悲のすすめ)を受けた方がどうかんがえても論理的でしょう。

 

「農業をやる場合はどうしても殺虫剤をまかなくちゃいけないんだ、そうでなければ売れないのですが、その場合はどうしましょうか?」と、(今回の質問で)私に聞いたんですね。私に、「その場合は仕方ないからいいや」と言ってほしいでしょ? でもそれはもう、ブッダの話じゃないんだからね。

 

頭がいかれている人の話ですから。(農薬を使って虫を殺して野菜を守っても)しょうがないんだと。それだったら戦争もしょうがないでしょ。原子爆弾もしょうがないでしょ。それは話にならんでしょ。虫の命より人間の方が大事だと勝手なことは言えないでしょう。

 

慈しみで生きるなら問題が起きません。失敗はないし、不幸になりません。貧困にはなりません。数字(金額)で計算するのは妄想なんです。金がなくても豊かな人はいくらでもいます。心が汚れている人が100万円使ってやることが、心清らかな人なら1万円でできます。

 

農業は命を与える仕事である。だから誰にだって命を与えます。そういう優しい気持ちで作る野菜は、ものすごく美味しいんです。そういう野菜は何かエネルギーがあるんだからね。私も(スーパーに)買い物に行って、いろいろな野菜があるんだけど、どうも買う気にならないんですね。野菜にパワーが無いんですね。なんかいいなぁとか、これは美味しいだろうなぁとか食べてみたい気持ちにならないんですね。

 

生命は優しい人に優しいんです。トラでも愛情いっぱいに飼ってあげると、猫みたいな感じで懐いてくれるんです。人を噛もうとしないんです。おなかが空いても。生命は、特に人間以外の生命は、優しさに反応する。虫も同じです。

私たちが罪のない生き方をしたいと思うならば、慈しみで生きること。失敗しない世界で生きたければ慈しみしかないんです。

 

β関西活動報告 : '14 10/13 関西定例瞑想会@マーヤーデーヴィー精舎 (Youtube動画上で32:00~52:00まで)よりメモしました。

 

「慈しみ」関連の他の記事:

初めのころガツンときた説法です。ときどき聞き直したくなる。今聞いてもガツンときた。

慈悲の瞑想って抽象的で気持ちが乗らないのですが?―実感として慈しみを持つには、目に入る生き物すべてに幸せを願ってみよう。 - 瞑想してる?

『私の嫌いな人、嫌っている人も幸せでありますように』とは、思えません! - 瞑想してる?

J:慈悲の瞑想(じひのめいそう) - 瞑想してる?

 

f:id:thierrybuddhist:20141027134003j:plain
今日もヴィパッサナ~
広告を非表示にする