ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

見返りがなければ善いことをしたくありません。

「善行為について考えています。幼いころから、善いことをするのは意味があるのか? と考えてきました。

一時的に善いことをしてもまたすぐに元に戻ってしまうのではないか、と思って生きてきました。

今も私は善いことをするのに消極的で、自分にとって見返りがあるのならするが、見返りが分かりにくければやろうとしません。それが私の今の悩みです」

 

回答(スマナサーラ長老)「じゃ、悪いことしてください」

 

質問者「? すみません、もう一度お願いします」

 

「悪いことしてください。だって、いいことをすると違和感を感じるんでしょう? 意味がないと思ってるでしょう? 

じゃあ悪いことをしてみたら? 人間はいいことをするものです。以上です。」

 

β関西活動報告 : '13 9/23 関西定例瞑想会@マーヤーデーヴィー精舎

Youtubeで、最初~2:10頃よりメモしました。f:id:thierrybuddhist:20141110134446j:plain

 「世の中の“悪いこと”は、やっている本人は“いいこと”“仕方がないこと”だと思ってやるニャー。人間は“悪いことをしてやるぞ”と思って悪いことはできないにゃ」

 

関連記事

広告を非表示にする