ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

科学技術の発展

質問「車、カメラの性能はどんどん良くなっています。物質的な向上は煩悩と関係しているのですか?」

回答(スマナサーラ長老)

そうでしょう。煩悩があるから、そういうものを開発します。

俗世間はすべて煩悩の世界です。

カメラの技術がどんどん向上していると言っても、中身の技術を全く知らなくても写真が撮れるという話です。「手振れ防止」とか。昔はブレないように訓練が必要でした。そこでプロじゃない人にもうまく写真が撮れるようにとなりました。訓練なしで。結局は我々の怠けを応援しています。

 

車がどんどん性能が良くなると言うのも、怠けで、あまり苦労しなくてもいいということになります。後ろにセンサーが付いてバックする場合は、ピピピと鳴ってくれるからそれを合図にブレーキかければいいとなる。

良い悪いはよくわかりませんよ。

私にしてみれば、別にと言う感じになります。私もiphone6を買いましたけど、だから別に、という感じなんです。

質問者「そうすると、千年前と今の文明を比べても、良くなっているとか悪くなっているとかいうのは?」

人間としてそのままなんです。人間の進化を妨げています。

 

物質文明が発展すると言うことは、生命として退化することでもあります。だから昔の人より今の人間はあほですね。だって昔の人が書いた文章とかいまだに勉強するでしょ。昔の人はずいぶん苦労して書きました。パソコンで書くほど楽じゃないんです。何回も訂正できるわけじゃないんです。一発で書きます。だからどれほど頭の中で整理整頓しておかなければいけなかったのでしょうね。

 

自然災害の場合も、災害が大きいのは『今』なんです。昔ではありません。

昔は家がつぶれても大した家ではないから、また木材を持ってきて組み立てればいい。地震が来て家がつぶれたら、そのまま逃げればいい。だって持ち物はそんなになかったんだから。損害が少ないのです。

 

東京大空襲で焼けましたけど、50年で今のようになりました。今もし東京に大災害がきたらどうですか。その損害の試算を聞いて私も、これはおっかないんだと。

関東大震災のときは昼ご飯のときだったから火で燃えましたけど、いまはガスだから、どのくらいの爆発が起こるか分からない。水道を使っているから、もしそこから水が出なくなったらどうする? 昔は井戸でした。(今、災害が起こると昔よりも)損害も大きいんです。

今の私たちは水道水を飲んでいるから、体が退化していて、井戸の水を飲むとお腹を壊す可能性があります。

 

煩悩で開発をするが、それでいいのか悪いのかどちらとも言えません。

 

携帯電話も、一度買うと5,6年使えます。しかしそうなると携帯電話会社が困ってしまう。そこで「新しい機能が付きました」と新機種を売り出す。すると、まだ使えるのに新しい機種を買ってしまう。

 

プラスの変化ともマイナスの変化とも言えません。仏教的にいえば、社会は絶えず変化する。「進化する」とは言わなくて「変化する」です。

 

なんでここまで科学が発展しているのに、人殺しがやめられないんですかね。戦争をやめられないんですかね。昔はなぐり合って戦って「もうヤダ、やめましょう」と終わりましたが、今は終了が無いでしょう。

 

経済が発展しているのに、今も食料が無くて飢えて人が死んでいるでしょう。

ここまで食料があるのに、どうして世界中の人間が食べ物が無くて困っているんですかね。何かできない? できるはずでしょう。

 

なんで治療を受けられなくてたくさんの人が、今も、死んでいるんでしょう。

 

結局は貪瞋痴(トンジンチ)をかき混ぜるだけで、そこに慈しみが入っていません。慈しみを入れたらどうですかね。貪瞋痴ではなくて。

慈しみで、文化的な科学的な開発をすればどうですかね。生命を助けるために。生命の能力を向上させるために。

 

子供たちがさらに勉強したくなるようなゲームはないでしょ。殺し合いばかりのゲームで。

昔は15歳くらいで大人として責任を負わされて生きていた。今は30歳にもなってゲームばかりやっている。恐ろしい退化でしょ。ゲームやったからと言って何の能力も向上しない。

能力が向上するなら、ゲームオタクは無職にならないでしょ。

 

社会は変化する。流れる。ダムを作ったからと言って流れが止まるわけではない。ちょっと流れが変わっただけ。

 

50年前の人は、今は禁止されてる薬を使っていました。私たちは50年前の人々をかわいそうだと思うでしょ? 50年後には禁止される薬を、今私たちが使っているかもしれません。50年後の人は私たちをかわいそうだと思うことでしょう。

文明に乗っても、次の世代から笑われるだけです。

 

人殺しは昔からあって、今もある。そして続いている。それが、我々仏教の側から見ると、それが嫌なんです。

 

人間だろう、と。もうちょっとましな生き方死なさいよ、と。

殺し合いで、破壊で、何も得られないでしょう。

 

国を作るために50年かかるんだけど、30分ですべて破壊することできるでしょ。爆弾落として。

何でそれを理解しないのか。

 

文明はどうであっても我々の寿命は決まっているでしょう。

我々の生きている70年、80年の間で、なんで殺しあったり憎しみ合ったり人を恨んだり、環境を破壊したり、自己破壊したり、地獄を作ってるんですかね。

 

だから、この短い人生で、穏やかで平和で、慈しみで、人々のことを心配し合って思いやりがあって、カッコよく生きればいいでしょう。

それには科学開発はあんまり役に立ちませんね。

美しく穏やかで思いやりのある人間になるためには、私のiphone6は全然役に立ちません(笑)

 

法話と実践会 2014,11,23 http://www.ustream.tv/recorded/55726413 

動画上で53:00~10:10:00頃よりメモしました。f:id:thierrybuddhist:20141127112228j:plain

広告を非表示にする