ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

離婚問題。他人から正しい態度を期待せず、今日を「検閲」する

■Q.最近離婚をした。子どものことで悩んでいる■
経過:息子の友人A君が(趣味の練習で)毎日のように家に来るようになった。妻は、A君を溺愛。私は近所の目や世間体があるのでやめてほしいと伝えたが、彼女からすると「自分の息子みたいな感情」。私自身が「うちはうち、よそはよそ」と言ってきた手前、強く言えなかった。家の中で私が排除されているような状態。その状態を私の両親が知ることなどもあり、離婚へ。

β関西活動報告 : '13 5/4 関西定例瞑想会@マーヤーデーヴィー精舎 より一部を引用しました。以下は同ページの音声ファイルよりメモしました。

 

回答(スマナサーラ長老)

その質問は、だれかうるさいおばあちゃんからのアドバイスが必要な状態です。仏教のところまで行く必要はありません。

 

あなたも中途半端だった。誰か一人だけが悪いと言うことは成り立ちません。

 

誰でも不完全。どこでどんな失敗をするか誰にも、自分にもわかりません。

 

ある人が、母性本能で生きていて、それをダメだと言うことはできないでしょう。ずっとそういう精神状態で生きているんだから。

 

女性は、男性と違っていろいろな変化を経験しなくちゃあかんでしょう。

 

すごくややこしい、苦しい、いろんなことがあって、自分の心を変身させなくてはいけないし、それで女性と言うのは生まれて年を取って死んでしまいますから。男はずっとやんちゃで通じる。小学校から、大学、会社でも、そのままやんちゃでも通じる。女性はそうじゃない。かなり精神的に変身するステージがあります。

 

だから、母親として変身したときに、ちょっと管理ができなくなって、自分の子供と同じくらいの子を見るときに、自分の子みたいに思ってしまってもね。

 

そういうふうに、人間と言うのは不完全ですから、やったことが正しいか間違っているか結局わかりません。

 

あなたもわかっていると思います。

もし「間違ってる!」とはっきり感じていたら、その問題を攻撃して終わりにしちゃうでしょ。「しょうがないな、気持ちが分かるな」という思いもあったし。

 

仏教からのアドバイスは、「あなた今日からどうするのか?」ということです。

                   

過去は扱うことないんです。「今日からどうするのか?」

「今日をしっかり生きてみる」ということに決めてしまえば、「さみしい」とかそういうことはね。自分で決めたくせに。今更何よ、と。

また元に戻って考え直す、とか。女はそうしませんよ(笑)

 

女であろうが男であろうが、「今日だけは文句を言われないように生きてみるぞ」「今日は楽しく生きてみるぞ」と、「今日」なんですね、すべての問題は。

 

ブッダの答えは、「今日は明るく生きてみなさい。今日だけ」

それだけなんです。

ほかにあなたには関係ないんだ、と。

 

長男が今日遊びに来たら、もう大人の男でしょう、二人で楽しく過ごす。

中学生の子供が遊びに来たら、めちゃくちゃ遊ぶ。

明日も来てほしいとか、それは余計な考えです。

 

いかに、今日を『検閲』するのか、ということです。

 

たとえば中国では、公の発言は検閲をされるでしょう。政府によって合法的にカットされます。

アメリカや日本では、「違法的に」裏から検閲されます(笑)

 

そういうふうに、今日のことを検閲する。昨日のことで一時間悩んだら、その分の時間を無駄にしましたから違法です。今日から、「一時間」を盗んでしまったことなんです。

 

俗世間の問題と言うのは、腐っている、生ゴミだから、答えがないんですよ。

例えば、あなたの態度が悪かった、奥さんの態度が、とか、わからないでしょ、結局は。

あなたにしても、「若い子が家に来るのはダメ」と言えないし、それで放っておいたら奥さんが調子に乗りすぎちゃったしね。

逆にそれを大きな心で見るくらい、あなたは男らしくなかったし(笑)どちらが正しいか分からないでしょう。

 

あなたが隊長になって、みんなをまとめればよかったのにね、男らしく。

だいたい、自分の息子よりも他人の息子の方が管理しやすい。

 

正しい答えはないし、犯人もない、何もない。有罪と言えばみんな有罪で、無罪と言えばみんな無罪です。

 

人間はもともと不完全だから。誰の判断でやったことでも完ぺきではないんです。

そう思うと気が楽になると思いますよ。

人から正しいことはあまり期待しない。

失敗しても、まあいいやと。

 

逆に、人が正しいことをしたら、ビックリだ! と思う。

そういうふうにビックリするのは楽しいんですよ。信じられないでしょ、人が正しいことをするなんて(笑) 

私はびっくりします。これは摩訶不思議、と。よりによって人が正しいことをしたよ、と。

 

皆様が失敗するのは、他人から正しい態度を期待するんですね。これはあり得ない。

もし人様が正しいことをしたら、ビックリしちゃえばいいんですよ。

 

こういうふうに見方を変えることと、検閲能力ですね。

今日だけですよ、人生は、と。思う存分、楽しく生きてみるぞ、と。

 

これが仏教的な答えです。

まだいろいろと、おばあさんたちに聞いてみてください。いろいろと言ってくれると思いますよ。それであなたもしっかりすると思います。

 

だいたい人間と言うのは、女性の声にかなり洗脳されていますからね。

私にしても、女性から厳しく言われると、やっぱりその通りにしてしまいます。洗脳とは知っていますよ。知っているんだけど、母親に育てられた肉体を持っているから、まあ女性の声に反対すると言うことは難しいんです。

 

女の人も同じことで、何かあったら、年上の女の人にムチャクチャ言われてみるでしょ。

それは男も女も同じことですよ。いつでもおばあちゃんに決まっています。関西のおばあちゃんが一番です。あんな怖い存在はね。(爆笑) 見た目は怖いんだけどね、根っこはものすごく優しいんですよ。

 

だから、ぼろくそに言われるのはものすごく効き目があります。

そういうところで、話を聞いてみるとしっかりすると思いますよ。

その後で、私のアドバイスをやってみてください。

f:id:thierrybuddhist:20141203130849j:plain