読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

人間にだけ備わっているものがあります。それは何でしょうか?【五戒について】

五戒 説法めも

「五戒の酒・麻薬の禁止について」スマナサーラ長老法話

 

 

酒・麻薬を禁止するというのは、判断能力がそれによってなくなってしまうからです。脳細胞も壊れてしまうし。健康も壊れます。

そうなるとしっかりとした人間として生きていけなくなります。

 

仏教を実践するには、しっかりとした五感と脳細胞が必要です。それが壊れてしまうとどうなりますか。脳細胞は壊れやすいんだけど、復活するのは難しい。体ならけがをしても治る場合が多いですが。

だから、脳細胞を守ったらいかがですか、ということです。

 

蛇には、生きるために毒があります。

鹿にも、足と角があります。

ライオンにも、トラにも、牙やら能力がついています。

象にも、すごい体力があります。

生き延びるために。

 

そういう風に生命には、生きるために何か能力が備わっているんです。

人間には何ですかね。

寒すぎたり、暑すぎたりすると、バタバタと倒れるでしょう。人間にはこの自然界で生きていられません。

今も(7月)冷房がついていますよ。動物から見たら笑っちゃうでしょう。なんて弱いんでしょう人間はと。猿からみると、人間は皮をはぎ取られた猿でしょう。

 

この地球の環境の中で、人間に生きる能力はついていないんです。

それでも人間にだけ備わっているものがあります。それは何でしょうか?

 

愛情?

人間がこの地球を、愛情で支配しているんですか? 地球を出て宇宙にまで手を伸ばしていますけど、それは何の力で、ですか?

 

頭でしょう、結局は。

人間の唯一の道具は、知識なんです。脳の働きなんです。

お酒を飲むということは、それを壊しちゃいましょう、ということなんです。分かりやすく言えばね。

 

脳の働きは、人間なら何よりも守るべきものなんですよ。

 酒・麻薬がダメなのは、正しい判断が、理性がなくなるからです。

 

それから一番大きい問題は、依存症。依存するんです。

たとえば、うなぎが好きだと言っても、依存はしないでしょう。酒や麻薬は依存症になります。

 

酒は文化である、という理屈は仏教に通用しません。

 

しかし、仏教の五戒の場合、「~するなかれ」という上からの禁止ではありません。

酒が脳に悪いというのは真理だから言っているのであって、禁酒を守るかどうかは個人の判断です。その結果は誰にでも平等に起こります。

 

ブッダがなぜ「酒をやめなさい」と言ったかと、理由を理解しておけば、何とかなるでしょう。

 

(http://www.voiceblog.jp/najiorepo/388948.html 2007.07.15 関西定例瞑想会よりメモしました)

f:id:thierrybuddhist:20150114133513j:plain

関連過去記事:

【在家仏教徒のコラム】酒好きは仏教徒になれない? - 瞑想してみる

 

広告を非表示にする