ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

懺悔文の後、慈悲の瞑想をするのはなぜ?

http://www.voiceblog.jp/najiorepo/315681.html

2007年3月18日関西定例瞑想会スマナサーラ長老法話(音声ファイル下の法話中盤)よりメモしました)

 

「懺悔誓願の文」*1の次に、慈悲の瞑想をしました。(「法話と瞑想会」の場合)

そこからブッダの世界なんです。

 

 では、ブッダの教えを聞く人々はどんな人間であるか。慈悲の瞑想で、瞬間で完璧な人間になれます。何時間も何年もかかりません。

これが人間の生き方だよ、と教えています。

 

どんな生き方でしょうか?

まず、われわれ一人一人が安らぎのために生きてみましょうと決めます。心を明るくするために。

いつ明るくなればいいんですか? 何年後? いえ、今でしょう。仏教はなんでも「今」なんです。

 

f:id:thierrybuddhist:20150116132744j:plain

*1:


なぜ懺悔をしなくてはいけないのですか? - 瞑想してみる

広告を非表示にする