読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

未来の組み立て方(2)今日は今日だけ

未来の組み立て方(1)将来はわからない より続きます)

 

知識もないのに、精密機械をいじってはいけない、なんです。

原発と同じなんです。原発に携わっていた人は、世界一、高度な技術があります。日本の原発は世界一安全です、と言っても、今まで世界では事故は二例しかありませんでした。それも一基ずつだけ。

 

わたしが昔から日本にいて、この言葉を聞くたびにおかしいと思っています。

「世界一の技術」と言ったとたん、これはやばい、これほど危険な言葉はないんだよと。どうして「世界一だ」と威張るんですかね。何か問題があるんです。何かごまかして、だましているんです。世の中をマインドコントロールで、「痛いの、痛いの、飛んで行けー」では成り立たないんです。なんでこの人たちは、「痛いの、痛いの、飛んで行けー」というい法則でわたしたちを管理しているんですかね。

 

世界一というのは危ないんです。

ただし言い方は、ベターになりましょう、です。よりよいものを作りましょう、よりよい人生になりましょう、と毎日気をつけなければなりません。しかし、「世界一安全」というのは「気をつけなくてもいい」というメッセージでしょう。中身を見せてもくれない。ときどき、原発施設の中で仕事をしている人から聞きましたけど、「最悪だ。安全チェックもろくにしないで、下請けの会社に任せている。そのレポートを見て、はいOK、と親会社はハンコを押すだけ」と。

 

原子力でしょう、扱っているのは。原子力が体に悪いということは、わかっていることです。

 

「世界一の原発だ」とどうして威張るんですかね。

なんの分野でも、本物は威張らないんです。覚えておいてください。

 

わたしたちに将来の企画ができない、ということが証明されています。

ローマ帝国はどうなりましたか? ギリシャは? 世界を支配していたイギリスは、今どうなっていますか?

 

将来を築く前に、考えなくてはいけないことがあります。「何一つ安定しない」と。

その真理にもとづいて考えなければいけない。

今日と明日は違うんです。今日は今日だけで、二度と再生しない。明日は自分が違う人間で、違う世界だ、とその経験さえなく、どうやって明日の準備をしますか?

 

世の中でダム計画があるでしょう。何年もかかって、まだ完成しない。

「決めたんだからやろう」とか、「一兆円かかったんだから中止したら損でしょう、それならもう二兆円かけて完成しましょう」と、作ったらどうなるのかというのは、よく本人たちもわからない。

この場合、研究のごまかしや捏造をいっぱいやったんです。それで、ダム計画を決定したんです。

 

そこに、ある事実が見えますね。

本当に将来のことを考えたんじゃなくて、個人個人の利益を考えたんです。田舎にバンバン国民の金が入ったら、選挙で勝てるぞ、と。誰か議員を当選させるために、税金を払うべきですかね? それでも、ある地方が豊かになるのならいいかもしれませんけど、豊かになったんですかね?

 

そういうことで、もともとこころが汚れているんだから、科学的にも計画を立てるのが不可能になっています。

未来の組み立て方(3)原発・4つの疑問 に続きます)

スマナサーラ長老・関西定例冥想会 2011.07.11

http://www.voiceblog.jp/najiorepo/1433804.html よりメモしました。

f:id:thierrybuddhist:20150807183026j:plain

ありのままに見る(正見) カテゴリーの記事一覧 - 瞑想してみる

すべての「説法めも」を読むには:【目次】説法めも

広告を非表示にする