読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

冥想に成功するポイント(3)存在欲を放っておく

説法めも

冥想に成功するポイント(2)怯えも怒りの一種 から続きます)

怯えがあって、それから、「逃げるか・攻撃するか?」を決めるんです。だから初めからみじめなんです。なんでも攻撃的に生きている人も、結局はみじめ。怯えがなければ、そんな凶暴になりません。

 

そんなふうに、残念ながら、存在はできているんですね。それで、こころがそういうカラクリを作る。そこで、冥想などなどで、こころが苦しみを作る原因を取り除く。いつだって結局は死ぬんだから、存在欲を放っておけ、と。いつまでも生き続けようと思ったって、無駄だ、そんなのは、と。諦めたほうが楽でしょう。雨が降ってきても、別に攻撃しないでしょう? 雨は邪魔なんですけど、あまり気にしないであきらめちゃいますね。

 

そうやって存在欲を諦めたら、いきなりこころが喜びを感じだすんです。

存在欲が、今までこころが喜びを感じられないように覆っていて、怯えを作るんですね。ですから、幸福は、こころが作るんですから、純粋で、比較にならない、巨大な幸福や楽しみを感じたければ、冥想の世界で成功するしかないんです。他に方法は存在しません。

 

いくら世界一の金持ちになって、贅沢に食べて究極の楽しみを体験しましょうと思っても、あり得ないんです。それは成り立ちません。「わたしは大金持ちだから、二十四時間、美しいものだけ見て楽しむぞ」といっても、できません。いくら高価なものに囲まれても、つまらなくなるんです。毎日見続けると。

 

フランスのヴェルサイユ宮殿がありますね。わたしたちがちょこっと見ただけで、腰が抜けるほど美しく感じますけど、あちらに住んでいた人々にとっては、ものすごく苦しかったんです。ただ見栄を張って、一般人を驚かせるためにああいうものを作るんであって、当時の人々はやっぱりみじめでした。一般人が外から宮殿を眺めて「なんてすばらしいんでしょう」と思わせたかっただけ。だから、一般人よりも、苦しい生活をしていました。

 

すばらしいと、人生を感じたければ、宮殿を作るんじゃなくて、生きることに対する存在欲を放っておいて、諦めて、こころを育てるんですね。それでものすごく幸福感・喜悦感を感じるんですね。

 

ご飯を食べた場合は、たった五分間だけかもしれませんけど、冥想の達人になってくると十分でもに十分でも、お釈迦様なら一日でも二日でも、みじんも苦しみが絡んでいない幸福を感じていますよ。お釈迦様は、「コーサラ国王でさえ、たった一秒でも、純粋な幸福を感じたことがあるのかい?」というふうに、ずいぶん力強く語ったんですね。*1

 

そういうことで、肉体に依存して生きている限りは、とるに足らない微妙な幸福にすがりついて、大量の苦しみを受ける、というのが輪廻の生き方なんです。

 

最近、わたしが作ったたとえがありまして、ある人に聞きました。「あなたは十時間、徹底的に苦しむ。そのご褒美として、十秒楽しませてもらえるとするなら、あなたはどうしますか?」 いくらなんでも、それは嫌だというでしょう。しかし、輪廻転生するわたしたちは、それでもかまわないと言って、「十時間苦しんで、十秒楽しむ」という輪廻転生をやるぞと決めているんです。お釈迦様は、「それはやめなさい」と言っています。

 

それが輪廻転生の法則です。逃げられません。

(おわり。

ですが、次回 ペットを飼うということ  で、この法話に連続した、新たな質問に入ります)

 

*この記事は以下の音源よりメモしました。

関西定例冥想会 2011.03.11

仏教は、経験する苦しみに比較すると、経験する楽しみは決して割に合わない ということへの質問■

http://www.voiceblog.jp/najiorepo/1686205.html

f:id:thierrybuddhist:20150116132744j:plain

 

苦 カテゴリーの記事一覧 - 瞑想してみる

すべての「説法めも」を読むには:【目次】説法めも

*1:参考・母や周りの人に仏法を伝えるには、どうしたらいいですか? - 瞑想してみる

「国王が寝るときは、分厚い布団の中で、豪華な毛皮をかぶって、ベッドには蚊帳をしっかり張って、窓を閉め切って、部屋の前には二人の兵士で守られていて、城の外の中もしっかり警備されています。しかしそれでも安心して寝られますか? 恐怖感なく、不安なく」

 

それはないでしょうね。恐怖感があるんだからそれほど警備を固めるのです。続けてお釈迦様は、

「頭の中で悩むことなくいられますか? たった1、2分だけでも、何の悩みなく、思考なく心を停止させていられますか? わたしは1、2分だけでなく、1日でも、2日でも、1週間だってその状態でいられますよ。コーサラ国王とどちらが贅沢ですか?」……

広告を非表示にする