読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

戒律違反と仕事(後編)

五戒 説法めも

戒律違反と仕事(前編) から続きます)

そういう商売は、本当に儲かっているのかとわたしはちょっと疑問に思いますね。

飲み屋さんとかたくさんありますけど。わたしはそういう店には入りませんけど、夜、どこかに行くことになっちゃうと、ちょっと見るんですよ、店の中を。わたしには、瞬間、チラッと見れば十分ですから。店の中には五、六人が入っていて、その人たちは長い時間いるんだからね。

だからその人々から店に、ちゃんと収入が入りますか、と。出入りが激しい方が収入が上がっちゃいますけどね。飲み屋さんというのはそういうんじゃないんです。入った人が、そこで止まってしまいますからね。追い出すまでいるんだから。

 

だから、別な商売をしたほうが、客が入って収入が上がるんじゃないかなと思ったりもする。わたしには経験のない世界ですから、何とも言えない。店の前を通っただけの判断です。

 

食べ物を売っているところは並んでいるでしょう。飲み屋さんで並んでいるところは、一度も見たことがありません。並んでいるから、お客さんも早く食べて帰らなくちゃいけないという気持ちを持っているし。

 

自分の法は自分を守ってくれますから、あまり心配する必要はないんです。 「わたしはできるだけ清らかな、罪のない生き方をしたい」という気持ちが出てくると、そのエネルギーで適切な仕事は見つかります。仕事は見つかるんですよ。問題ないんです。

問題は、この「弱み」ですね。 「やばい」っていうね。そこは、自分で何とかして克服しなくちゃいけないんですね。

 

「やばくないよ」と。過去の業があるんだからね、ちゃんと生きていられますよ。だからといっても、罪だけは犯したくないとね。そういうふうに気持ちを変えれば、すぐにいい仕事が見つかるんです。一応法則はそういうふうになっています。

真理を守る人は、真理が責任を持って守ってくれます。真理に従う人は。

 

関西月例冥想会 2015.11.08

https://www.youtube.com/watch?v=qz90gPfk3hE からメモしました。

 f:id:thierrybuddhist:20151128165738j:plain

五戒 カテゴリーの記事一覧 - 瞑想してみる

すべての「説法めも」を読むには:【目次】説法めも

広告を非表示にする