読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

成功する意欲の持ち方

趣味・仕事 説法めも

 質問

「今年、学校を卒業して働き初めました。働くほどに、こういうこともやってみたいとか、たとえば、海外出張も行きたいとか、そういう思いが出てきて、それも自我なんでしょうか。そういうことは思わずに、今に集中したほうがいいんでしょうか?」

 

回答(スマナサーラ長老)

 

自分の能力をまず発揮する。それでさらに、能力を身につけるようになる、と憶えてください。若いんだから、いろいろと夢が出てくるんですけど、そこは、はっきりと狙いを定めて行くならばいいんだけど、そこはできる人もできない人もいるんですね。ちょっとの失敗で負けちゃうと、狙いを定めてた方に行けなくなっちゃうしね。

 

わたしが言えるのは、今のところで、自分がしっかりとやれば、周りはみんな先輩たちでしょう、「すごいな、おまえは」と言ってくれるんですよ。そうすれば自動的に自分を支えてくれるんですね。ちょっと支えられて、レベルが上の仕事を与えられたら、それもしっかりとやる。そういうことで、自分が描いたこととは違う、もしかするともっとすごい道が見えてくるかもしれませんね。

 

自我うんぬんではなくて、自分の能力をしっかりと生かして、発揮してみる。それでは足りませんだからね、もっともっと、いろんな能力を身につけてみる。そのとき、これならできそう、これならできそう、と言うところから始まるんですね。

 

山を登るのは、まず一歩から始まるでしょう。頂上から始まるわけではないでしょう。そういう感じで考えてみてください。あまり、自我というのが割り込まないほうがやりやすいです。

 

<東京法話と実践会 2015.11.29

http://www.ustream.tv/recorded/78705448(期間限定公開動画)

(46:00~48:00)より書きました。>

f:id:thierrybuddhist:20150428110321j:plain

すべての「説法めも」を読むには:【目次】説法めも

趣味・仕事 カテゴリーの記事一覧 - 瞑想してみる

広告を非表示にする