読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

信用できない脳 - 功徳(8)

(前回 ラーフラ尊者へのアドバイス - 功徳(7)から続きます)

言葉をしゃべるときも同じことです。

考えるときも同じフォーマットで考えてください。何か思考が出たら、「これは善思考か、悪思考か」。悪思考だったら直ちにやめてください。そういうふうに身口意の行為を教えています。そこは戒律の、道徳の基本だと言うんだけど、本当の、別の角度から言えば、われわれの脳はまるっきり信頼できないということなんです。

 

われわれ人間に花はきれいなものに見えるでしょう。

それはわれわれの細胞の都合によって、花はきれいなんだと思った方がいいんです。花はきれいではないんです。毛虫に花がどう見えるかと、わたしたちは知らないでしょう。

 

われわれが海を見たら、「おっかない。やばいな」と思っちゃうでしょう。

それはこの体にとってはそうなんだけど、海に住む動物にとっては、海ほど素晴らしいところはないでしょう。

 

つまり、脳は細胞を生かすだけの能力で、ほかの能力はないんです。

事実か嘘か、脳には関係がないんです。細胞を生かしてくれるならば、なんでもいいんです。嘘でもいいんです。皆様方は、嘘はおかしいでしょう、と思うかもしれませんが、わたしたちは嘘で一日中生きているんです。

(次回 脳は自分で自分の首を絞める - 功徳(9)に続きます)

f:id:thierrybuddhist:20160308120721j:plain

目次3‐ヴィッパッサナー冥想/慈悲の冥想

ALL & NEW !!【目次】説法めも カテゴリーの記事一覧

広告を非表示にする