ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

パーリ経典解説(梵網経1) - 第九段落

前回 パーリ経典解説(梵網経1) - 第八段落

第九段落

‘‘‘Musāvādaṃ pahāya musāvādā paṭivirato samaṇo gotamo saccavādī saccasandho theto [ṭheto (syā. kaṃ.)] paccayiko avisaṃvādako lokassā’ti – iti vā hi, bhikkhave, puthujjano tathāgatassa vaṇṇaṃ vadamāno vadeyya.

 ………

 

嘘を言うことをやめている。

その代わり、語るものだったら真理。信頼できる。非難できない。異論は立ちません。事実だけ語る。

 

組織を壊すことはしません。

離間語というのは、組織を壊すことなんですね。よく世間では起きることですからね。

 

悪口から離れている。

 

綺語から離れている。

無駄話はしない。

本当のことを、役に立つことを、法則にしたがった真理、勉強になることを語る。

お釈迦様は、言葉を選びに選んで語っている。

お釈迦様の言葉は、宝物の箱のようだ。中身も詰まっているんだと。

それに、完璧に語る。

 

人間には実行不可能な完全形ですよ。

(第九段落終わり)

 第十段落へ「植物も傷つけちゃダメなら何も食べられないでしょう?」に対する答え - パーリ経典解説(梵網経1) 第十段落

 

スマナサーラ長老による経典解説http://www.ustream.tv/recorded/84866551 (期間限定公開動画)01:00:00~01:08:34より、気になったポイントをメモしました>Objet D'Art トリンケットボックス リリースNo.3 「Jade」緑色の宝箱の宝石箱

広告を非表示にする