ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

なぜ出家は一日一食か?- パーリ経典解説(梵網経1) 第十段落

前回 「植物も傷つけちゃダメなら何も食べられないでしょう?」に対する答え - パーリ経典解説(梵網経1) 第十段落

 

一日一食なのも、体もたくさんの命の集まりですからね。

そこに食べ物を放り込んじゃうと、あの細胞組織たちがかわいそうですね。分解する組織、運ぶ組織、そういう組織に仕事をさせてさせて、働かせすぎになる。過労になります。

 

細胞は、この程度の食べ物でいいと知っています。

適切に仕事をして、適切にご褒美をもらいたいんですね、各細胞が。

これをやらせてもらえない。もっと働け、もっと働けと。日本の会社みたい。

それ自体が残酷なんですね。

 

一食なのは、美容のため、健康のためじゃないんです。

慈しみなんです、細胞たちに対して。

心配している。いじめたくはない、苦しめたくはないんです。

(第十段落つづく)

次回 経典の裏を読め - パーリ経典解説(梵網経1) 第十段落 - 瞑想してみる

 

スマナサーラ長老による経典解説http://www.ustream.tv/recorded/84866551 (期間限定公開動画)01:08:00~ 書き留めました>

Exploring Immunology: Concepts and Evidence

目次7‐経典 /仏教と日本、仏教哲学 - 瞑想してみる

ALL & NEW !!【目次】説法めも カテゴリーの記事一覧

広告を非表示にする