読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

「一切は無常」という真理が無常でない理由

質問

「無常と法則の関係はどういうものですか。」

 

 

回答(スマナサーラ長老)

 

無常とは法則です。

無常とは法則を語っています。「一切は無常であり」は法則です。だから真理は変わりませんよ、と言っているんです。一切は無常だったら、真理は変わらないと言った時点で矛盾でしょう。

 

無常が法則だから、変わるわけじゃないんですね。

 

われわれは何か現象をみて無常を発見する。何か現象をみて、無常を発見する。そういうふうに無常は法則であることに納得していくんです。何をとっても、「これは無常」。外の世界を見たらすべて無常です。では体は? 無常です。眼・耳・鼻で物事を知るでしょう。眼・耳・鼻も無常です。見えるもの聞こえるものも無常です。だったら、それらを知った、知った、知った、という気持ちも、無常ですね。それによって「わたし、わたし、わたし」という気持ちも生まれるでしょう。それも無常です。

 

そういうふうに何か現象を取って、「あ、これが無常です」「これも無常です」と訓練するんです。それで最終的には、無常しかないんだと。無常が「ある」わけじゃないんですけどね、法則だからね。

そこまで行くんです。

(東京法話と実践会 2016.04.24

http://twilog.org/jtba_talk/date-160424/asc

 

無常の見方―「聖なる真理」と「私」の幸福 (サンガ新書)

関連エントリ:

thierrybuddhist.hatenablog.com

広告を非表示にする