ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

クンダリニー症候群と仏教冥想に関連性があるのか?

質問

「インドで冥想をしている人をたくさん見てきました。

クンダリニー症候群なども、仏教徒は精神集中する対象(神など)がないから、そういう弊害に陥ってしまうのではないでしょうか?」

 

回答(スマナサーラ長老談)

 

妄想だけではなく、なにか証拠があってそういう結論に至ったのですか?

まず、調べてください。

 

ブッダの冥想で、頭がおかしくなったのは人はいるのか、と実際に調べてみてください。

結論を出す前に、データを調べなくてはいけない。

 

そこは、あなたとわれわれの違うところです。われわれは、客観的にデータを見て、次へ次へと進んでいきます。

 

たとえば、最初から「クンダリニーがあるんだぞ」と思って冥想すると、これは妄想になります。

脳細胞はいつでも幻覚を作っています。それは現実とは違います。幻覚では、クンダリニーやら魂やら神やら、どんな妄想も作れます。

 

インドで、カーリー神を念じて、念じて、「カーリー神が見えました」と語るヒンドゥー教の人がいました。

それではイエスキリストはどうですかと、キリストを念じて、念じて、これも見えましたと。

客観的にみれば、この方は幻覚の達人です。真理に達しているわけではありません。

 

たとえば臨死体験と言うものがありまして、ヨーロッパ人が臨死体験を起すと、トンネルをくぐっていく。東洋人が臨死体験すると、ちゃんと川を渡るんですね。文化なんです。脳がその幻覚を作るんです。臨死体験にはなにも実態がありません。そういうふうに物事を科学的にみなければいけません。

 

脳が壊れないように気をつけたほうがいいでしょう。

脳が壊れると、こころを育てるのはちょっと難しくなりますよ。こころにアクセスできる中継ポイントは脳だからね、これを大事にしたほうがいいんです。

 

ただ単に神秘体験をみるということは、とても危険なんですね。

インドでは、ものすごく太い麻薬の煙草を吸って、吸って、神と一体になりました、とかね。

 

お釈迦様は、この肉体だけですべてを語れますよと仰っています。

 

仏教の冥想というのは、対象がないから難しいではないか、とおっしゃいますが、一番簡単です。

存在しない対象を選べば、いくらでもイメージを作ることができてしまいます。

神、観音様、不動様、念じれば現れます。

自分がイメージした姿で。

 

それは病気、ということです。

そのループができてしまうと、治らなくなってしまいます。

 

そういう先入観をすべて壊して、進まなければいけません。

それがブッダの冥想です。

(終わり)

 

東京 法話と実践会 2017.04.23 よりメモしました。

期間限定公開動画  http://fb.me/VtsVf0I9

当日のTwitter http://twilog.org/jtba_talk/date-170423/asc