ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

若手の育て方

質問

「職場で新しく所長という役職に就いたのですが、新入社員を自分の今のポジションまで育ててほしいという指示を受けまして、どのようにすればいいでしょうか?」

 

回答(スマナサーラ長老)

 

褒めてあげれば。「君たちは将来があるんだから、早くわたしを超える能力を育てなさい。(君なら)だいじょうぶだとおもいますよ」と。褒めてもらうのは誰だって好きですからね。無明だからね(笑)

 

赤ちゃんであろうが、犬猫であろうが、人権侵害だけは気を付けてください。教える過程で、叱ったりすることはありますよ。怒鳴らなくちゃいけないときもありますよ。しかし人権侵害はしてはいけません。それだけは気を付けてください。

 

脳はね、褒めてもらうと、頑張ろうと思っちゃうんです。

能力はどこまで成長するかわからないんだから。

「わたしと同じくらいになるか、わたしを乗り越えるかというくらい頑張ってみてください。できると思えばできます。わたしにもできたんだからね」と、そういうふうに慈しみを基本にして頑張ってください。

 

誰だって人間でしょうし、誰だって仕事をよくやってほしいでしょうし。誰だって自分の家族を幸せにしてほしいし。わたしもみんなも平等で生命であるという慈しみに基づけば、できると思います。

 

f:id:thierrybuddhist:20150413155723j:plain

東京法話と実践会 2015.07.12

http://www.ustream.tv/recorded/67329399 01:02:00~~1:07:50(期間限定公開動画)よりメモしました。

関連エントリ: 

thierrybuddhist.hatenablog.com

すべての「説法めも」を読むには:【目次】説法めも