ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

右翼左翼、自民党と野党、爆撃する側される側、世の中の対立にスマナサーラ長老が一喝する。

10月13日に関西で行われたスマナサーラ長老の法話会で、4つほどの質問に答えた後、長老は時計をチラッと見てから言った。

「時間になりましたので終了しますが、もう一つポイントがありまして、いろいろな人としゃべったとき出てきたアイディアなんですけど……」

という言葉から始まったのは、今の世の中への厳しい一喝。

 

ポイントまとめ

  • ネガティブ思考とポジティブ思考はどちらも危険な妄想
  • 対立の片方または双方を、良い・悪いと判断することはいずれも偏見
  • 対立があるのが社会
  • 思考でもない、妄想でもない瞑想で自分を直す必要がある

 

私たちは派手に妄想します。自我が強い人々は、妄想を思考と勘違いしています。思考は、我々はそんなにしないんです。どうしてかと言うと、思考は論理的だから、すぐ話が終わる。台風の予測がありますね。データを基に、こうなってこうなってこうなる、おわり。これが思考なんです。思考は全然気持ち悪くなくてさっさと終わる。

 

危険な思考の流れは2つあります。

 

まず、ネガティブ思考。自分を否定する思考です。

これは自我がありすぎなんです。自分と言う幻覚を巨大化して、しかし世間では自分の存在はそうではない(ちっぽけ)。それでネガティブ思考になる。人間が成功するのはほんのちょっとでしょう。100個やって成功するのは1個くらい。巨大化して自我の妄想がある人にはこれが認められない。だからネガティブになる。ネガティブ妄想です。

 

ポジティブも同じこと。自我なんです。私が失敗するはずが無い、と。自分には何でもできると考える。これは妄想です。

 

ネガティブとポジティブを判断すること自体が自我です。だから白か黒かと区別することが自我なんです。自分が選ぶんだから。これは黒、これは白と。だから白黒っているのは、何かと比較していること。客観的に比較するなら構いませんが、それでもうまくは行かないでしょう。

 

たとえば、二人が喧嘩する。喧嘩をやめなさいと言う。喧嘩そのものが悪いと、喧嘩しない状態と比較する。喧嘩することと仲良くすることを比較する。仲良くすることがよろしいと、こっちがよければあっちが良くないと判断するだけ。理解してほしいのです。世の中で人間というのは仲良くしたほうがいい、だから喧嘩はやめてくださいと言うべきです。どちらかが悪い、または二人とも悪いと言うことは間違っている。

 

対立があることが世の中。それで世の中が成り立っている。対立はどうしてもある。それが白か黒かどうやって決めるんですか? 理性から見る人にとっては、世の中のことだからとあんまり気にしないんだけど。ネガティブでもポジティブでもどちらも偏見で正しくない。

 

どちらも妄想です。妄想は癖になる。一回やったらもう一回やる。これはこころの学ぶ機能なんです。繰り返し機能です。こころにある機能で、脳に影響を与えます。

お経を暗記する場合でも繰り返している。ほかに記憶する方法は存在しない。繰り返すことで癖がつく。この方法は、学ぶことに使うならいいことで、ほかのことに使うのだったら悪いこと。

何か妄想しちゃうと、もう一回妄想できる。二・三回やっちゃうとやめられなくなる。

だから、健康になる思考をお釈迦様が教えている。慈悲の心です。これは思考ではない、妄想でもない。無意味ですか? いえ、有意義なんです。そういうのを繰り返してください。そうすると心が治るんです。

動物が進化した私たちです。動物はいつでも危険を見るように脳ができている。原始脳でできている。動物はいつ殺されるか分からない。エサまいても、おびえて危険を感じて、でもどうしても食べたいから食べてぱっと逃げちゃう。人間は肉体だけ変わって脳が進化していない。危険でない世界で生きているのに、物事を考えることができるのに、やらない。だからネガティブ思考に陥りやすい。こうして動物の脳が働いています。

 

客観的に世の中を見ると、うまく生きているんだと発見できます。だって問題なく生きているんだから。ネガティブ妄想はあり得ない。その辺り、気を付けて妄想に身を任せないことです。慈悲の瞑想、ヴィパッサナー瞑想は思考でもないし妄想でもない。しかし言葉は使っている。そういう方法で自分を直さなければいけないと思います。

 

β関西活動報告 : '14 10/13 関西定例瞑想会@マーヤーデーヴィー精舎 (Youtube動画上で1:13:00頃から)よりメモしました。

f:id:thierrybuddhist:20141023125838j:plain
広告を非表示にする