ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

「言葉の重みについて」ブッダの冥想実践会(前編)

ブッダの冥想実践会2013,住吉大社武道館スマナサーラ長老)よりメモしました)

人生をつぶす「重み」になるのが言葉です。一方で、人間を成長させる力を持つのが言葉です。

感情と理解、これを区別しましょう。

すべての生命に感情があります。昆虫にも、カエルにも、怒りや怯えがあります。

飼っているわんちゃんも、結構落ち込みますよ。機嫌を直すのに時間がかかります。慰めてあげて、いっぱい誉めてあげて、抱っこしてあげたりして。

 

感情の基本は生きていきたいと言う、存在欲です。

いかなる生命でも生きていきたいんですね。それを邪魔する物事に対して、怒り、おびえ、不安を感じます。

蚊も、怯えがあります。人間の血を吸わなくてはいけないんだけど、これは相当怖いことなんです。

 

生きることはどういうことかと、誰も分かっていません。科学は進んでいますけど、それでもまだ分かっていません。

 

生きるとは何か、ということは分かっていない。つまり、無知です。

生きるとは何かと分かっていると、もう怖くないんですね。

運転も、やり方が分からないと怖いですね。私は運転が怖いです、運転したことがないから。

 

生きるとは何かと分かると、生きていきたいと言う恐怖感が消えてしまいます。

 

無知の土台の上に、たくさんの感情が現れます。

仏教では、1510くらいの感情が数えられてます。一般的に1500煩悩、108煩悩といわれます。

仏教はすべてまとめて、貪瞋痴(トンジンチ)、と言っています。煩悩といえば貪瞋痴です。日本語では三毒ですね。すべての生命に共通した感情です。

 

 

次は、理解について。

 

理解すると言うことは、すべての生命にあるのではなく、学ぶものです。

わんちゃんも、人間に教えてもらって学びますが、理解しているかどうかわからないんですね。猫も、ドアを開けて出ていくことができる。カラスも学びます。勉強します。

必ず、種類の差、個々の差が出てきます。

人間と動物、人間同士、一つも同一ではありません。理解能力が違います。

それで生命の差が現れてきます。

理解可能ならば、言葉を使います。これがいい手段なんです。

言語能力は、言葉に限りません。カラスにも言語があります。鳴き声の種類です。音、波長の違いで気持ちを伝えます。猫にとっては鳴き方が言葉です。

魚は、音を発しないので理解能力と言うのは低いでしょう。

クジラもしゃべるし。人間に聞こえません、あまりにも低音で。

 

だから、理解能力があるっていうことなんですね。音を出したっていうことは、同じ種類の仲間に何かを発したということです。

理解能力があっても、どこまで使っているのかと。

 

そこで人間がかわいそうなんですよ。

いろいろな動物、猿など、に何かを教えると、徹底的にがんばります。理解能力のギリギリまで勉強します。

問題は、人間は自分が持っている理解能力をギリギリまで使っていますか。

人間には言語があります。世界にある言葉といえば、膨大です。

 

ダブっている単語もあれば、ダブっていない単語もあります。

言語の種類からみて、理解するものの大きさを表します。日本語と英語を知っていれば、理解できる範囲が広がります。

例えば、「人間」ということばはどんな言語でもあります。ダブっています。

しかし「いただきます」は、日本語ではあるが英語ではありません。

 

伝える内容が、言葉によって変わります。

つまり、我々がどこまで知ることができるかと、わからないほど膨大な言葉があります。

言葉と理解能力は、総合的に発展します。言葉が発展すれば、理解能力も同時に発展します。

 

子供は勉強すれば、理解能力が上がる。

科学も新しい発見があれば、皆の理解能力が上がります。

 

理解能力を用いて、人間は生命の基本的感情を乗り越えて、悩み苦しみのない精神を育てる可能性を持っています。

理解能力を使うと、感情ではない、幸福になることができます。

何か幸福になったな、とおもったら、それは理解能力の結果でしょう。

理解能力によって、どんどん究極的な幸福に達することができます。

 

そういうことで、理解能力は言葉と一緒です。

感情は悪、理解能力は善、と仮定します。

ここまでが、準備段階です。これから講演が始まります(笑)まだ始まってないんです(笑)

 

これから難しい話になりますよ。

「制御不可能な自動ドア」

私たちの耳のことです。私たちの精神状態を混乱させます。しかし注意すると、精神を向上させることができます。

耳から入る音によって、興奮される、混乱させる……。感情がかき回されます。人間として低下していきます。

 

敵からの絶え間ない攻撃。

耳から敵軍が自動ドアから入ってきます。敵軍とは、汚れた感情、煩悩のことです。

怒りの言葉が耳から入るたびに、心が怒りに染まります。

 

耳からの言葉によって、落ち込み、後悔、憎しみ、恨みなどの感情に染まります。

 

子供から大人まで、誰にもありますよ。耳に入った言葉のせいで、落ち込んでいる。子供なんか、落ち込みやすいんですよ、ちょっと言葉を間違ったら。

 

儲け話が耳に入るたびに、欲にやられます。

どうでもよい世間話、無駄話が耳に入るたびに、無知度がどんどんあがります。

 

言葉で我々の感情をかき回しているんです。言葉が猛毒になっています。

 

私たちは受け身状態です。言葉(敵)は自由に私たちに入り込んできます。

感情は、言葉の攻撃で、獣の部分が強くなります。

 

私たちは、二つの脳があります。原始脳と大脳です。生まれたときは原始脳です。それから人間にならなければいけない。大脳の発達です。

 

耳から敵が入りたいだけ入って、貪瞋痴(トンジンチ)の感情をかき回します。

脳はリピート機能で配線が強固になります。

そこで、配線ができて溶接して固定しちゃうと大変ですよ。

今まで脳科学者たちは、脳は生まれたときから決まっていますよ、と言っていましたが、しかし最近はそれは間違っていると分かりました。

脳はずっと開発されていく。脳は学ぶだけでなく、そのように学べばいいかと知っています。

 

自閉症も治療不可能と言われていましたが、最近は脳の開発によって治ることが証明されています。

しかし、ある年齢で脳の発展はストップします。溶接が固まっちゃうんです。そこで、ニューロンではなく別の細胞に役割を渡しちゃえばいいんです。

まだ一般的な研究ではありませんが。

 

言葉によって、我々は獣になっていきます。

判断能力がなくなって、感情の奴隷になってしまいます。

 

ウナギが、そろそろレッドリスト絶滅危惧種)に入るそうです。

日本で80パーセントのウナギを食べているそうです。NHKで番組がやっていて、「われわれは昔からウナギを食べていたんだ。これからも食べなくてはいけない。そのためにどうしたらいいか」と。それってただの獣でしょう。

乱獲は良くないと、頭でわかっているに、獣の脳が結論を出すんです「もっと食べます」と。

 

我々は、「文化」と言う衣装を被っているだけで、中身は、どうでしょう? 獣の心で、感情で生きています。

 

味方の理性の話に入ります。

耳から、味方が入ると、理性が入ると退治するんです。

怒りを鎮めなさい、怒るなよ、という言葉も耳から入ります。

儲け話だけじゃくて、「そんな話に乗るなよ。気をつけろ」と言う言葉も入ります。

振り込め詐欺も「気をつけろ」とみんな言っています。それでもやられてしまう。

 

獣の感情はとても強いので、理性の言葉は排除します。味方を排除して、敵が勝利しています。

怒りの言葉を聞くと、怒っちゃうでしょ。「怒るなよ」と言われても、怒るでしょう。

 

私もたくさんの本を書いています。同じテーマで何冊もの本ですよ。

本当は1テーマに本一冊で十分ですよ。しかし、皆さんの心に入らないんですよ。良い言葉と言うのは入らないんです。

人は自然に、役に立つ言葉を排除します。

新興宗教の言葉に拒絶反応を示さない人も、私の言葉には拒絶反応を示します。

 

人間を不幸に陥れるものは、喜んで聞く。幸福にするものからは逃げるんです。

 

あなたの中の獣は聞きたくないんですが、聞かなくてはいけません。人格を向上するためには。

 

自分の子供に、勉強させることはいかに難しいか。ゲームやら漫画なら、ご飯も食べずにやってしまいます。

寝ることも一緒です。脳が怠けで眠くなる。映画を見せると寝ないで見ます。

 

「洗脳とマインドコントロール」

 

人間は、心の獣が自由に働いています。感情を刺激する言葉に弱いんです。

たとえば、今私がこの講演内容を変えて、中国や韓国の悪口を言ったら、皆さん喜んで乗ってくるでしょ。眠気もなくなるでしょう。(笑)

 

宗教で洗脳する場合は、怒りなどの感情に訴えます。理性が生まれる可能性を壊します。自分で判断する必要がなくなります。脳を壊すんです。

 

マインドコントロールの場合も、貪瞋痴(トンジンチ)に話しかけます。しかし判断は自分で任せられます。脳は洗脳ほど壊されません。

CMなどもマインドコントロールです。車の宣伝とか、いろいろなカラクリを利用して。マインドコントロールする仕組みに笑っています。「あら、車輪がついてる、しかも4つも!」というCMがありました。面白いものに興味が行っちゃうんですね。

我々の貪瞋痴に訴えている。

日本のCMの場合は「買いなさい」はないでしょ。「いかがでしょうか?」と。判断は自分でします。コマーシャルを見て、よりマインドコントロールされた品物を買います。

 

人に良いことをさせるためにも、マインドコントロールの手段を使わざるを得ないんです。

 

たまに子供が親を逆にマインドコントロールしている場合があります。これは親失格です。

どんな子供も、親にマインドコントロールされています。良い大人になるために、親が子供をマインドコントロールするんです。

ニュースで、子供が殺人をしたりと言う場合は、子供が親のコントロールから抜け出しちゃったんですね。

 

子供は、いたって簡単に第一言語を覚えます。覚え終わったら、配線を固定します。

それから他の言語を学べなくなっちゃう。なまりなく、第二言語を学ぶことは難しい。

 

歳を取ってくると学べなくなって、認知症になって死んじゃう。それはもったいないことです。たくさんの細胞が脳にはあるのです。今使ってない細胞に配線をしていくらでも学ぶことはできます。

 

授業で、子供がいろいろな余計なことをして、先生の話を聞かないようにしています。子供の獣が、絶対勉強してやらない、ということなんです。耳に入ってしまうと、すぐに覚えてしまうからです。意図的に、獣の脳が、学習できる脳を開発しないようにしています。

 

頭のいい子と悪い子は、成績表を見なくても、性格でわかるでしょう。

名前を聞けば、その子の頭の良さが分かります。頭のいい子は、しっかりと自分の名前をいいます。

 

子供を良い人間になるように、と育てるためには、親は結構苦労しますよ。必死です。どうしても子供たちは聞いてくれない。この性格は、どこから来たんですか、と。母親の性格でもないし、父親の性格でもない。

人を殺した子供は、両親が人殺しなわけじゃないでしょ。

子供が生まれる前から、貪瞋痴ができています。だから悪人になりやすいのですね。

 

(「中編」につづく)

f:id:thierrybuddhist:20141212104428j:plain