ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

貪瞋痴の分け方(欲と怒り)

質問「恐怖とか怒りは、貪瞋痴(とんじんち)の『瞋(じん)』に分類されると聞きました。でも、よくわからないものに対して正体不明だから恐れる、というのは『痴(ち)』ではないでしょうか?」

 

 回答(スマナサーラ長老)

 

あの、無知には、人間、そんなに気づかいないんですよ。

我々が簡単に気付くのは、欲と怒りなんですね。

 

だからポイントは、なんで恐怖感は怒りに入りますか? という質問ですね。

言葉の定義があります。

心にデータが入る。入ったデータを、「これはいい」と受け入れたら、「欲」なんです。

「これはちょっと避けたい」という感情が起きたら、「怒り」なんです。

 

受け入れるか、拒絶するか。

 

落ち込みは怒りですが、「落ち込みは怒りのわけない」と思っちゃうでしょう。いたって簡単。

 

「あなた、落ち込んで気持ちいい?」嫌でしょう、あの落ち込みの感情は。だから怒りなんですね。

「恐怖感と言うのは気持ちいい?」避けたいでしょう。逃げたいでしょう。だから怒りです。

 

そんなに難しくないんです。心の対象を素直に受け入れるか、拒絶するかと言うだけです。

 

(関西月例冥想会 2014.12.14 https://www.youtube.com/watch?v=RMrFavG8fG8

より、メモしました)

f:id:thierrybuddhist:20150109112025j:plain