読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

仏教はどのような教えでしょうか?

スマナサーラ長老 法話と実践会(ゴータミー精舎)動画: http://fb.me/VtsVf0I9 ( 法話めもより) 仏教は、生きるとはどのようなことかと説明しているだけです。 そこに価値判断は入れません。 価値判断をするためには、何かに比較しなくてはいけません。 …

無我がわかりません

質問 「無我がわかりません」 回答(スマナサーラ長老) わからなくていいんです。 その気持ちで結構ですよ、冥想するならばね。 無我がわからないというけれど、「自我」がわかりますかね? 自我ならわかりますよ、と言える? だから無我がわからないと言っ…

「ブッダ・ニミッタ」とはどういうものですか?

質問 「ブッダ・ニミッタという修行法があると聞きました。自分がしっくりくるブッダのイメージを作るという方法です。 この間、会社で自分の悪口を言われているところを偶然聞いてしまって、怒りが収まらなくなりました。慈悲の冥想やヴィパッサナーをやっ…

「一切は無常」という真理が無常でない理由

質問 「無常と法則の関係はどういうものですか。」 回答(スマナサーラ長老) 無常とは法則です。 無常とは法則を語っています。「一切は無常であり」は法則です。だから真理は変わりませんよ、と言っているんです。一切は無常だったら、真理は変わらないと…

無明とバカの違い

質問 「バカだから生まれてきたのだと、ご著書にありましたが、生まれてこないほうが良かったということですか? もう生まれてきちゃったんですけど(笑)。 もしすべての生命が覚ることができたら、この地球は水と緑の、植物だけの星になるんですか?」 回…

自我をなくす準備

質問 「自我・自意識から、なかなか抜けられないんですが、抜けるための心構えをおしえていただけませんか?」 回答(スマナサーラ長老) 心構えというのはね、特別ないんです。お釈迦様が教えられた冥想をするしかないんですけど、これ、時間かかりますね。…

冷静になるには(後編)|割れたバター壺

(冷静になるには(中編)|世の常 から続きます) たとえば、ある子供が犯罪を起したという例を考えてください。 その子のお母さんにしたら考えられないでしょう。「あのうちの子が?!」と。でも、罪を犯すのが人間だからね。世の常なんです。 もしそこま…

冷静になるには(中編)|世の常

(冷静になるには(前編)|一寸先はわからない から続きます) 質問者 「冷静さの視点を変えると、大きな音が『ガシャン!』となったときに、びっくりすることがあります。また、夜道で人影がスッとあらわれたときにびっくりしちゃうんですね。これらも安心…

冷静になるには(前編)|一寸先はわからない

質問 「今日の法話で冷静さが大事ということでした。大震災がありましたが、瞬時の冷静さが必要になるとき、ちょっと考えて判断するようなときに必要な冷静さと、種類が違うような気がします。 瞬時の冷静さはどうやったら獲得できるのですか?」 回答(スマ…

無常なら、自分自体はどこにあるのですか?

質問 「無常なら、自分自体はどこにあるのですか?」 回答(スマナサーラ長老) ないんです、もともと。 ないんです、結局。それがおもしろいんです。なぜかというと、その場面その場面で対応すればいいんです。それで精神的に楽になって、どんな変化にも対…

自我はないのに、こころは続くってどういうこと?

質問 「先ほど、『知識は脳に記憶されるだけで、脳が壊れると知識がなくなります』と長老がおっしゃいました。分別はこころに記憶されるので死んでも持っていけます、ということでしたが、一方で自我というのはないと。でも、こころは続くというのはどういう…

ラベルと中身は違います|無常・無我

質問 「人が車が欲しいと思ったとして、一年なり二年なりお金をためて車を購入したとしたら、そのとき(購入時)の「わたし」は、欲しいと思ってたときの「わたし」とは別人が車を得るんだ、ということが長老の本に書かれていました。 一般的には、わたしが…