読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

Kodha(コーダ)とVera(ヴェーラ)【怒りの種類】

説法めも 欲・怒り

質問

パーリ語でKodha(コーダ)は、『憤怒』と訳されていて、それはVera(ヴェーラ)と似ているようなんですが、この二つは違うんですか?」

 

 回答(スマナサーラ長老)

Veraは恨みですね。Kodhaというのは興奮の「もう怒った!」。 

(怒りを)持って行っちゃうと、Veraなんです。たとえば、敵に対してはVeraです。自分の子供が変なことやっちゃうとKodhaなんですね。敵ではないんですが、すごく怒るんです。

 

自分のことを邪魔する誰かのことを思い出して怒る場合は、Veraなんですね。直らないんですね。いわゆる「引きずる」。

引きずる怒りがVeraで、カッカと怒ってすぐ直る怒りはKodhaです。

機嫌が悪い状態の場合はDosa(ドーサ)です。

 

Dosaは性格的に不機嫌で、特別に何かあってもなくても、機嫌がいつだって悪い。性格的なものはDosaっていうんですね。

 

質問者「Byâpâda(ビャーパーダ)とは?」

 

Byâpâdaは「お前殺してやるぞ」という結構きついんですね。それは相手が敵であるかどうかは関係ないんですね。Veraの場合は引きずる。Byâpâdaになると、何かやっちゃう、やりたいんですね。

仕返ししたいんですね。その場合はByâpâdaです。

 

何もできない場合は、どこかそういう場所に行って呪ったりする場合は、Byâpâdaなんですね。「あいつに罰が当たりますように」と、自分に何もできなくてそういう迷信的なことをやっちゃう。

 

(関西月例冥想会 2015.3.8

https://www.youtube.com/watch?v=RYXeW3eH01w 49:20~53:20よりメモしました)

f:id:thierrybuddhist:20150224150950j:plain

関連エントリ:

すべての「説法めも」を読むには:

【目次】説法めも

広告を非表示にする