読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

無常なら、自分自体はどこにあるのですか?

質問

「無常なら、自分自体はどこにあるのですか?」

 

回答(スマナサーラ長老)

 

ないんです、もともと。

ないんです、結局。それがおもしろいんです。なぜかというと、その場面その場面で対応すればいいんです。それで精神的に楽になって、どんな変化にも対応できる。

自分がいると、変化に対応できないんです。

 

たとえば、会社でプレゼンテーションをするのにどうしゃべろうかと、家で準備しても、会社に行ったらその場に対応してしゃべるんです。

 

映画があるかないかというなら、「あると言っちゃえ」なんですね。ホントは画像のコマの集合です。静止画像の。今はデジタルだから、その場合は静止画像すらないんです。

 

自分自身が瞬間瞬間変わっていくんだと覚えておけば、いつでも気を付けて、その場面で自分の役を果たしていかなければと思うんですね。

 

「わたしがない」「自我がない」とわかればわかるほど、その人々はものすごく楽に失敗しないで生きていられます。

 

 

 スマナサーラ長老・東京月例講演会「違うって素晴らしい こだわりをなくす智慧の道」2015.07.18

質疑応答よりメモしました。

f:id:thierrybuddhist:20150109111536j:plain

関連エントリ:

 すべての「説法めも」を読むには:【目次】説法めも

 

広告を非表示にする