読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

不安と心配に対処する

今の一秒を見て何か心配事がありますか?

人間が「不安、不安」と言っているでしょ。人生は不安だ苦しいんだ、と。あ、そう? では今の一秒の問題を言ってみてください。今の一秒だけ。一秒だけなら、不安は何もない? じゃ、次の一秒では? やっぱりないでしょ? これは人間がいかに客観的に正見(しょうけん)で物事を見てないんだということなんです。

 

 知ってほしいのは、人間が考えている妄想的な不安ではなく、現実的な不安のほうなんです。みなさんが考えているのは妄想的な不安。だから頭がいかれちゃうんです。妄想的な不安と言うのは一、二秒で治せます。でも「現実」の不安もあります。現実は無常ですから。変化しているんだから。物事をプログラムできない、企画できない。計画できない。壊れる。現実から生まれる不安は(人間の成長に)必要です。

じゃあ、ちょっと分析してみましょう。

ステップ①あなたは不安を感じる ⇒ステップ② それであなたは元気になったのか? ⇒ ステップ③ 「a, 元気になった」「b, 落ち込んだ」どちらですか?

「a元気になった」なら、仏教の世界です。「b, 落ち込んだ」なら、世間一般の世界です。

 

今の一秒では何も問題はないのです、が、安定しているわけではない。落ち込みを治すと、本当の無常が見えてくる。本当の不安が見えてくる。すると無常の不安が見えてくる。それは居ても立っても居られない気持ちになるんです。それってすごいエネルギーなんです。そこから解脱を目指すのです。(説法終わり)

β関西活動報告 : '12 1/09 関西定例瞑想会@マーヤーデーヴィー精舎 「質問」よりメモしました。

 

広告を非表示にする