読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

過去や未来のことで不安になったりイライラします

説法めも 作業工程2(ヴィパッサナー)

質問

過去や未来のことで不安になったりイライラしたりするんですけど、これは妄想なんですが、どうして妄想が浮かんでくるのでしょうか? そのときの対処方法があれば教えていただきたいと思います」

 

回答(スマナサーラ長老)

 

過去のものはもう終わったことですから、存在しないものですね。

存在しないものに関わるとキリがないんですね。将来のことは絶対わからないもので、わたしにとっては存在しないものなんですね。だから、こちらに引っかかるとキリがないんですね。

 

だから、過去へ行ったり未来へ行って心配する人々は、エネルギーを無駄に使っているんですね。浪費しているんですね。

今やるべきことをやると、ものすごく楽で、何一つも失敗なくできるし、またいっぱいエネルギー残っているんだから明るくいることができます。学校へ、職場へ行ったら、持っている全部の精神エネルギーを、(過去・未来へ飛ばすことで)無駄に使ってしまったんだからね。

 

自分の国のことわざがありまして、「井戸に水を入れる」という。無駄っていう意味なんですね。井戸に水を運んできて、入れて入れて、いっぱいにしようとしても無駄なんですね。

 

日本人の方々はあまり井戸と言うのは経験がないんだからね。井戸っていうのは土に穴を掘ってそこから水をくむことだからね。だから、井戸から水を汲むんであって、井戸に水を入れても、水位は変わらないんですよ。タンクに水を入れればいっぱいになりますけど、井戸はそうはならないんです。

 

だからわれわれは、今あるものをやって、集中して生きてみましょう、と。今やるべきことをやりましょう。それで忙しくしてください、と言う答えなんですね。

 

時間を浪費するなよと。過去へ、未来へ、行ったら、時間とエネルギーの浪費です。だから今完璧に、明るくエネルギーをもって生きてみれば、何一つも心配はないんです。今、心配がないならば、次も失敗はないんです。だから将来に対しても、悩む必要がなくなっちゃうんですね。

そういうふうなやり方ですよ。

 

過去に気持ちが行ったら、「今やるべきことをさぼっているんだ」と思って現在に戻ることができます。

 

 

東京法話と実践会 2015.07.12

http://www.ustream.tv/recorded/67329399 1:46:00頃~最後(期間限定公開動画)よりメモしました。

f:id:thierrybuddhist:20150731202853j:plain 

関連エントリ:

thierrybuddhist.hatenablog.com

すべての「説法めも」を読むには:【目次】説法めも

広告を非表示にする