読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

道徳ってなんですか?(後編)|道徳は呼吸と同じ

説法めも 仏教と日本・仏教哲学

道徳ってなんですか?(中編)|普遍的な道徳とはより続きます)

質問者

「学校では、道徳の時間が一応あるんです。わたしが考えるのは、キリスト教文化だったらキリスト教の道徳がある、仏教文化だったら仏教の道徳がある。

本の学校では宗教を教えたらいけないから、あいまいな判断力しか教えられない。

善と悪かがわからないことがいっぱいある。たとえば十歳の子供に、理性の源を教えるべきではないかと思いますが……」

 

理性の源は宗教ではありません。

わたしは何の宗教もなく子供たちに道徳を教えていますからね。

昔のことですが、ある子供が性格的にすぐカッとする。すごくいい子なんですよ。そのことはわたしと仲良くしたくて、しかし、ちょっとしたことで無茶苦茶怒って、ものすごい悪口を言い触らしたりして、けんかもする。その子の親も心配していました。親は、わたしと仲良くすることを喜んで、その子がおとなしい性格になってくれるだろうと期待していました。

しかし、お寺というのはいろんな子供が来るところだから、一人の子だけ特別にかわいがってはいけません。わたしがみんなを平等に扱うのを、この子は腹が立つんですね。一度、ものすごい汚い言葉で一緒にいた子供たちを怒鳴って、殴ろうとしたんだけどわたしがいたから殴らなかったんですね。そこでわたしが一言、「あのね、そんなことしてカッコいい?」

 

その子は頭が良くて勉強ができたんですね。「勉強ができても、そんなことでカッコいいと思う?」

それっきり信じられないくらいいい子になっちゃったんです。

あの子が小さいときは、出家したいと言っていたんですね。わたしはこんな子が出家しちゃうと、もうビン・ラディンに出家されるみたいで(笑)、なんとかしてないことにしようかと企んでいたんですね。

高校生になって、友達とお寺へ来たんです。そしたら、「ああ、もったいないことをしちゃった。こんなに立派な子だったら……。ああ、惜しいなぁ」と、そこまで成長した。

それから親孝行するは、おばあちゃんが寝たきりになったらその子が全部やってあげるわ。たった一言で変わってしまった。なんの宗教もないし、地獄に堕ちるぞという話もないし。

 

理性なんです。あの子に理性を与えたんです。生きるならばカッコいいことをやりなさいよと。頭がいいと言われれることをやってくださいと、それだけなんです。それで道徳的な人間になっちゃったんですね。

 

だから、まとめますけど、道徳というのはわれわれには生まれつきのものなんです。そこは、「良い・悪い」の判断ができる人が理性があると、頭がいいと分かっている。子供には「カッコいい」という言葉でもいいんです。そんなややこしいことを言わなくったってもね。

 

「カッコいいことをやりましょう」とそれだけ言えば授業は終わり。そんなに難しいことじゃないんですね。

 

キリスト教の文化圏にはキリスト教の道徳があるんだけど、これは戦争をさせる道徳なんです。アメリカの若者たちが幸福な国で生まれたにもかかわらず、アフガニスタンで死んでいるんです。イラクで大量に死んでしまったんですね。あれって道徳ですかね。

 

バチカンが、昔はね、戦争をやっちゃったんですね。人殺しのために軍隊を貸してくれなきゃ、王様を認定しないんですね。魔女狩りまでしたでしょう。一般人を殺すことが道徳ですかね。イスラム教でテロ行為をすることが道徳ですかね。ヒンドゥー教ではカースト制度がありまして、低いカーストの人々は永久的に奴隷でいなければいけないと教えていたりして、それって道徳ですかね?

 

だから道徳っていうのは、ある特定の宗教の特権ではありません。

今わたしが読んでいる本がありましてね。そこには「宗教が完全に非道徳である」と書いてある。科学者が書いている本なんです。

その方は無神論者で、「宗教は完全に非道徳的で追い出すべきである。しかしそこまでは実際にわれわれ(無神論者で科学者)は言わない。本当は追い出したほうがいいんだ、社会から。宗教という言葉は」と。

 

しかし彼はもう一つ突き止めていますよ。

「わたしは無茶苦茶、宗教批判しますが、この中に仏教は入れないでください」と。

彼は仏教徒でもないんでもないアメリカ人ですね。しかし、(追い出すリストに)仏教は入れないでくださいと。理由は、「自分が調べたら、確かに仏教にもゴミ袋はいっぱいぶら下がっています。でもそれを取り出しちゃえば、立派な教えである。なんの信仰もなく修行できますよ。なんの宗教もなく自我をなくすことができますよ」と。

 

だから、仏教にぶら下がっているものをね、取り払っちゃえば、批判することはないんだと。仏教は一応批判されていますよ。しかし彼から批判されているところはわたしも批判しています。

 

そういうことで、道徳っていうのは宗教にも関係ない、哲学にも関係ない。言うならば、医学知識、生物学知識と同じようなものですね。そういう知識は知っておいたほうがいいでしょう? 何を食べればいいか、何を食べたら悪いかとか。

 

わたしが言うのは、呼吸と同じだと。欠かせませんね。呼吸は欠かせません。道徳も欠かせません。

(おわり)

 f:id:thierrybuddhist:20150807183026j:plain

「道徳ってなんですか?」(シリーズ全3回)

 すべての「説法めも」を読むには:【目次】説法めも

広告を非表示にする