ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

信(9)- 占いに免疫がない日本人

(前回

信(8)- 「信仰」と「信」

 

なんで世の中に迷信があるのかというと、それも将来の問題なんですよ。

将来が知り得ないと、なぜ納得しないんですか。人間がそれは嫌なんですね。将来を知りたいんですね。これが欠点で、信がおかしくなる。

 

この神社仏閣のこのお札を身につけておけばガンが治りますよ、とか、迷信でしょ。そちらに希望願望が入っているんです。希望願望と言うのは将来のことなんです。

 

病気の人にとっては、当然、病気を治してほしいという希望が生まれている。なぜそんな希望が生まれるのかと言うと、誰だって「死にたくない」という欲望を持っているんです。存在欲。

 

だからこの罠から逃げられない。

病気になってもどうったことないでしょう。当たり前の自然現象でしょう。でも死にたくないんだから、自然現象を認めたくないんです。だからお札でも、仮に「汚物」でも、それをかぶったら病気が治りますと言われたらかぶるでしょう。

 

火とかいっぱい焚いて、その灰をかぶったりとか。いろいろな迷信がある。

 

なんで人間はそんなに占いが好きですかね。

現代時代、IT時代だと言っているくせに、気持ち悪いくらい占いに頼る。パソコンの占いまで作っていますよ。すべて嘘なのに。先を知りたいんですよ。先を知りたいということは、存在欲から出てくる病気なんですね。

 

そういうわけで、迷信が世の中からなかなかなくならないです。

発展している社会もすごい迷信だらけ。たとえばヨーロッパ、日本。わたしたちはヨーロッパ人がmysticという文化の中にいるんだからよく知っています。毎日のことだからね。 わたしたちの社会では、どこでも占っているんだから。その免疫さえもヨーロッパや日本人にはないんです。

 

昔わたしが学生の頃、ものすごい迷信が結構あってね。

占えますよ、将来と言うのはと、ある儀式をやってそこからモニターを見るような感じでわかります、という占い師がいました。そこである人が、「ではわたしが、証人の前で封筒にお札を一枚入れます。それで封をします。その番号を言ってください。それが当たったら、すごい大金をあげましょう。わたしの全財産でも構いません」と。

しかし、誰もその挑戦を受けなかったんです。その挑戦はオープンで、その人が死ぬまで挑戦を受け付けていました。亡くなってからは息子も同じ挑戦を続けているんです。

 

だから、免疫がないんですね、他の国々では。

(続きます

信(10)- 占いは獣のもの by Buddha

Horoscope

関連外部サイト:

(26) 「星占い」(2001.12月)

Q:
1.仏教では出家者が占いをするのを禁じていると聞いたのですが、なぜなのでしょうか?

 

A. ……このようなわけで、占星術仏教の道と反対方向へ向いているのです。
「目的がある人がその目的に向かって努力しなさい。星は何をしてくれるのか」(Kim târakâ karissati)という釈迦尊の言葉があります。

広告を非表示にする