読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

自己啓発本について

幸せ 説法めも

質問

「世の中には、『いいことを想像すれば幸せになれる』という本がたくさん出回っていますけど、仏教ではその『想像すること』も妄想になるのでやめるべきなのでしょうか?」

 

回答(スマナサーラ長老)

 

これは一概に答えられないんですよ。

それぞれの本を読んで何を言っているのかと中身を見ないとね。

 

「この方法をやったら三か月間で億万長者になるんだ」とか、「社長になれるんだ」というような自己啓発は、欲をかき回しているでしょう? 

欲をかき回すと不幸になるんですね。

 

ですが、物事を明るく見るということはまんざら悪くないんですね。

だからと言って、楽観主義になり過ぎちゃうと、バカになってしまうんですね。だからそこらへんは、程度を一人一人が気をつけなくちゃいけないんです。

悲観的にみることは決してよくないんだけど。

 

仏教的に言えるのは、やっぱり「自分で自分の幸せを作ってください」ということです。

 

楽観主義でも悲観主義でもない。

都合が悪いことは都合が悪いんですよ。いくら無理矢理、楽観主義になろうかなと思っても、これはできないんですね。

 

たとえば「病気になったら楽観主義になってください」というのはちょっとおかしいでしょう。

病気になったら嫌でしょう。

人からプレゼントをもらうことは楽しいし、病気になることは嫌でしょうしね。

 

悲観主義、楽観主義じゃなくて、その都度、その都度の問題をどう乗り越えるのかと。

どう進めるのか、と。

 

たとえば病気になった、とする。

嫌ですね。嫌ですけど、この期間で、わたしは何かを学ばなくちゃいけない。「嫌だ、嫌だ」とわがままをいうことを、ちょっとコントロールしたらどうですか。

 

あるいは、病気だから人のお世話になっている。

この機会に、「ありがたい」という気持ちを学んでみたらどうですか、と。そういうチャンスだと。

 

自分が病気で倒れているときは、お手上げ状態でしょう、自分は。看護婦さんや医者は一生懸命頑張ってくれているんですね。親戚でもなんでもないのに。「この人たちはお金をもらって働いているんだから」という態度は汚いでしょう。看護婦さんも医者も、「これで儲けてやるぞ」とは思っていない、治療しているそのときは。全く思っていなくて、人助けをしているんです。

 

そのとき看護されるチャンスを生かして、人に感謝する気持ち、人を愛する気持ち、人にありがたいと素直に言える気持ちを修行してみる。

病院で一週間入院して帰るんだけど、病気が治っただけじゃなくて、こころが直ってもうちょっとマシな人間になっている。

 

「悲観主義か、楽観主義か」の二者択一はダメです。

あなたはこの場面で何を学ぶのか。学んだことが、どれくらい人格向上になったのか、ということですよ。答えは。

 

ということで、世の中にある「イメージで成功する」という本がすべてダメとは、現時点ではわかりません。

たまにそういう本を見たとき、「ダメだこりゃ」ということはあります(笑)。人の欲をかき回して、人の傲慢をかき回して、とかね。

 

たとえば、昔見た本で、「この本を読めば上手にしゃべれるようになる」というものがありました。

以前、わたしのところに相談に来たある若者が、口下手ですっごく悩んでいたんですね。わたしが考えたのは、「口下手をなおしたってもね、おかしいでしょう」と。その人は友達がベラベラとしゃべっているので、そういう人になりたい、と。

 

なんで他人になりたがるんですか?

時々いるんですよ、犬が人間になりたがっている。猫が自分も人間だと勘違いすることもある。犬や猫が人間になることはありえない話でしょう。

 

芸能人でいるでしょう、男なのに女よりもすっごいきれいにお化粧して、洋服を着て、これを極めているんですね、女装することを。バカじゃないんですかね、他人になりすますことは。

 

それでこころも変になっちゃうでしょう。

ずっとカラクリをして、ややこしい生き方をしなくちゃいかんでしょう。

 

口下手なら、そこをどう生かすか? ということでしょう。

わたしのアドバイスは「あなたは聞いてあげてください。よく聞いて、人の気持ちを理解できる人間になってください。そうすればいくらでも友達ができますよ」。

 

うるさくてよくしゃべる人は多いけれど、誰も聞いていないでしょう。

だから、一貫して口達者が楽観的とは言えませんよ。

 

自分が他人になる必要はないんですね。

自分の長所も短所もうまく使う。うまく、自分の幸福のために使う。

 

目が見えない人は、かなり音に敏感になるでしょう。

それで脳がすごく開発されるでしょう。楽譜は見えない。楽譜は点字ですね。しかし、点字を読みながら演奏はできません。そこで自分のハンディをうまく使って、いろいろな曲を演奏してみせる。そこで、自分を表現することもできる。

 

たとえば、ショパンの曲を聴いて、自分が感じた世界、インスピレーションした世界を表すことができる。楽譜の世界を通さずに。

そこで、「目が見えなくてもよかったね」ということができるでしょう。

 

そういう見方をするなら、どうやったら世の中を悲観的にみられる?

 

パラリンピックにしても、事故などで体に障害を持った人が活躍するでしょう。たとえばバスケットボール。

もしその人が健常者だったら、世界的なバスケットボールの大会に出られたかどうか。国を代表する選手になったかどうか……。

 

世の中に起きる出来事は、善でも悪でもないんです。

汝は何を学ぶのか? という自分に対する宿題なんです。

(終わり)

 

スマナサーラ長老法話 関西定例冥想会 2016.11.13

https://www.youtube.com/watch?v=FKgZ8djfv40&feature=youtu.be

を聞いて書きました》 

 

🌸《年末アンケート実施中》🌸

↓↓ 下記記事の一番最後にある「コメントを書く」をクリックして、今年一番こころに残った法話記事を書き込んでいただけると幸いです。↓↓

【アンケート】こころに残った法話は?

 

昨日は、ntaxさんにお答えを書いていただきました。ありがとうございます。

こちらの法話を選ばれましたかー👏

 

「自我をなくす準備」
http://thierrybuddhist.hatenablog.com/entry/2015/12/10/050000

 

これもほんと、しみじみとビックリしますよね。

あの世界が、日本語になって構築されていくさまを、圧倒されながら書き取っていたことを思いだしました。

 

皆さまにとっての「この法話!」も、お寄せ下さい。

こちらのコメント欄からどうぞ。

【アンケート】こころに残った法話は?

広告を非表示にする