ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

仏教を知らないことで問題が起きる

山口県誓教寺さんが数か月ごとに出されている寺報「つきなみ」は、いろいろ学べるのでおすすめです。

 

今年の元旦号《誓教寺報 つきなみ 2017.01.01》の目次は、

  • 仏教と文化②「文化は変わるが壊れない」
  • 天宮事経(四十四)「大麦畑の見張り人の天宮」「耳飾りをつけた男の天宮」
  • おしらせ 誓教寺会館・落慶法要 他
  • 誓教寺会館「仏教なんでもセンター」への道

となっています。

 

前号では、宗教と文化について切り込んだお話がありましたが、今回はその連載第二回目です。

 

誓教寺報 つきなみ 2017.01.01

https://seikyoji.jimdo.com/誓教寺報-つきなみ/

 

日本の仏教の歴史から、葬儀や法事、墓や仏壇について読みやすく紐解かれています。

 

そのなかで、自分でも気をつけなければと思った箇所は……

「知らないとはいえ、人の善行為を妨害する悪業は、無垢の人々を道連れにしていますから、自分がただ悪いことをするよりも何倍も強い悪業になります。功徳や善悪業の法則をしっかり勉強して、一般の人々を善から遠ざけないように気をつけないといけません。」

 

仏教を知らないことで問題が起きる」という、スマナサーラ長老の法話でしばしば耳にする言葉を思い出しました。

f:id:thierrybuddhist:20170103204328p:plain