ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

どうして眠くなるのかな?

質問

「ヴィパッサナー冥想をしているとき、眠くなってしまいます。どう対処したらいいでしょうか?」

 

回答(スマナサーラ長老)

 

「なんで眠くなったのか」と観察します。

そのケースを勉強してみてください。それはあなた自身の課題なんですね。

あなたは実践をやりたい。が、やろうとすると眠くなってしまう。なんですか、これは、と自分で発見しなくてはいけません。

答えは、わたしはズバリと言えますよ。

一応、答えを言いますが、自分でも観察してみてください。

 

冥想したい自分と、やりたくない自分の二人がいるんですね。

その間を行ったり来たり、行ったり来たり。いつでも「やりたくない自分」が勝つんです。

 

それが答えです。

 

そこで理性を使います。

この世の中で、いいものであれば、すべて苦労しているものなんです。

楽チンでやるものは、人類を破壊するものです。

さらに、世の中の生き方を見てみるんです。いいものであって、成功したければ、かなりの苦労をしなくてはいけませんね。とにかく、自分の感情的なわがままを抑えなくてはいけない。

 

たとえば、勉強で立派な成績を上げたいと思ったら、食べて遊んでゲームをやって、好きなときに寝たいという気持ちと戦わなくてはいかんでしょう。そこで自分を戒めるのです。これはわがままを捨てて頑張らなくてはあかん。仕事で成功を収めようとしたら、わがままを抑えなくてはあかんですね。店を経営して、商売繁盛をしたければ、自分の自我を抑えなければあかんですね。お客さんにハチャメチャ文句を言われても、「すみません」と言わなくてはあかんですね。本当はお客さんが間違っているかもしれませんよ。

 

そういうふうに、このどれくらい自分のわがままを抑えるのかということで、人生は成功する。

この法則は、冥想にしても同じことです。なにか障害があっても、それを乗り越えなくてはいけません。

(終わり)

 

 

スマナサーラ長老 法話と実践会(ゴータミー精舎)2017.07.09 

期間限定公開動画

https://www.facebook.com/pg/jtheravada/videos/?ref=page_internal