ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

World Buddhist #1 トランプ大統領就任と仏教徒

《今回は、 日本テーラワーダ仏教協会の機関誌「パティパダー paṭipadā」2017年4月号に掲載された記事「World Buddhist」の連載第一回目「トランプ大統領就任と仏教徒」を、掲載の許可を得て転載します。》 World Buddhist #1 トランプ大統領就任と仏教徒 毎…

「人として生まれたならばーー奇跡を台無しにする私たち」 スマナサーラ長老 初期仏教 月例講演会

先月22日(2017年7月22日)、東京・日暮里サニーホールでスマナサーラ長老による法話「人として生まれたならばーー奇跡を台無しにする私たち」がありました。 期間限定公開中の当日動画 fb.me/177Ax6Nce 実況Twitter http://twilog.org/jtba_talk/date-170722/…

夏休みのおてらおやつクラブ

夏休みに入ると、鉄やたんぱく質を取る量が少なくなってしまう子供たちがいるそうです。 理由は、夏休みは給食がないからといいます。 iryou.chunichi.co.jp そうか、夏休みは、「おやつクラブ」というより「おかずクラブ」かな、と思った次第です。 そんな…

パーリ経典解説 スッタニパータ5 彼岸道品 学生ナンダの質問

7月のスマナサーラ長老による経典解説は、「スッタニパータ5 彼岸道品 学生ナンダの質問」でした。 当日の動画 http://fb.me/6X9ePLJ7a Twitter実況中継 http://twilog.org/jtba_talk/date-170720/asc 《文楽》 nirāsā 日本語でわかりやすくすれば、何かに頼…

【第二回】スッタニパータ(経集)5.彼岸に至る道の章、7(6).学生ウパシーヴァの質問 Suttanipātapāḷi 5. Pārāyanavaggo 7(6). Upasīvamāṇavapucchā

今月の、スマナサーラ長老によるパーリ経典解説は、「スッタニパータ5-7-6学生ウパシーヴァの質問」の完結編でした。 当日の動画 https://www.facebook.com/pg/jtheravada/videos/?ref=page_internal 実況Twitter スマナサーラ長老の法話メモ(@jtba_talk)/20…

6月のおてらおやつクラブ

6月もあと一週間足らずで終わりますね。 この水無月という一か月は祝日がないうえに梅雨の時期ということで、ジューンブライドという言葉が人気ですけれどほかにあまりポジティブワードを聞かないような気がします。 ジューンブライドというのはローマ神話が…

Seamstress とは誰か? スッタニパータ5-2彼岸道品ティッサ・メッテイヤ学生の問い

先日、スマナサーラ長老の法話で「Seamstress」について言及がありました。昨年2016年12月9日にゴータミー精舎で行われた経典解説「スッタニパータ5-2彼岸道品ティッサ・メッテイヤ学生の問い」に出てくるseamstress(中村元先生の訳では「縫う女」となって…

NHKラジオ深夜便 こころの時代―インタビュー集〈1〉

NHKラジオ深夜便 こころの時代―インタビュー集〈1〉 ここに、2009年12月18日放送のスマナサーラ長老インタビューが収録されています。 スマナサーラ 気をつけなければいけないのは、怒りはウィルスのように伝染するということ。怒って誰かを責めると、責めら…

月例講演会『性格の完成』~「ありのまま」は危ない!~  Buddhist sermon "Completion of Personality" by Ven. Sumanasara, Tokyo Japan

6/3(土)、 初期仏教 月例講演会『性格の完成』~「ありのまま」は危ない!~ というタイトルで、スマナサーラ長老の法話がありました。 会場:日暮里サニーホール 今回とくに注目したのは、こちら。 貪瞋痴の反対の働きである不貪不瞋不痴もあるが、一緒には行…

英国一家、インドで危機一髪 Eat, Pray, Eat

「英国一家、インドで危機一髪」マイケル・ブース著 寺西のぶ子訳 2016 を読んだ。 40歳を目前にして、アルコール依存症一歩手前の著者。 「40までは、人生にも経験にも『こんにちは、こんにちは、こんにちは』だけどな」つい最近その節目を過ぎたばかりの友…

がんの宣告を受けたら

日本テーラワーダ仏教協会 質問&議論BBS で、がんの宣告を受けた方への、スマナサーラ長老の回答が掲載されています。 癌の宣告を受けた - 日本テーラワーダ仏教協会 質問&議論BBS ここでは、がんなど病気に対するアプローチが詳しく解説されています。 も…

スッタニパータ(経集)5.彼岸に至る道の章、7(6).学生ウパシーヴァの質問 Suttanipātapāḷi 5. Pārāyanavaggo 7(6). Upasīvamāṇavapucchā

5月26日(2017)東京 ゴータミー精舎にて、スマナサーラ長老のスッタニパータの解説講座がありました。 今回の経典は、スッタニパータ(経集)5.彼岸に至る道の章、7(6).学生ウパシーヴァの質問です。 1075(1069).‘‘Eko ahaṃ sakka mahantamoghaṃ, Anissi…

5月のおてらおやつクラブ

金積寺さんのFacebookより 金積寺さま、皆さま、いつもありがとうございます。 皆さまの功徳に随喜して回向いたします。 (ノ・ω・)ノ:・.::・トドケークドクー さて、「おてらおやつクラブ通信」というメールを定期的に受け取っているのですが、その中の「皆…

法話と講演会の動画 - 宮崎県開眼山明星寺

週末に宮崎市にて行われた、スマナサーラ長老の法話動画をご紹介します。 まず開眼山明星寺にての法話です。 #jtba 宮崎市の開眼山明星寺様がスマナサーラ長老のご法話をFacebookライブ中継してくださっています! https://t.co/1809X9nM0c — 日本テーラワー…

100人が語る戦争とくらし

図書館に、こんな本が置いてありました。 100人が語る戦争とくらし 「残飯シチュー」 ”進駐軍の食べ残しを煮込んだシチュー。闇市の人気メニューでした。” これは、この世界の片隅に の中で、すずさんと義姉さんが闇市で「うま~♡」と食べていましたね。 特…

クンダリニー症候群と仏教冥想に関連性があるのか?

質問 「インドで冥想をしている人をたくさん見てきました。 クンダリニー症候群なども、仏教徒は精神集中する対象(神など)がないから、そういう弊害に陥ってしまうのではないでしょうか?」 回答(スマナサーラ長老談) 妄想だけではなく、なにか証拠があ…

仏教は偶像崇拝をしているのか?

質問 「仏教の祈りと冥想の『対象』は何なのでしょうか」 回答(スマナサーラ長老談) 仏教の祈りと冥想の対象は「自分」です。 自分がいるのならば、そのほかは「他」でしょう。 相対的に成り立ちます。自分と他人は。 結局、わたしたちは「自分がいるんだ…

「祈り」とは

質問 「祈りとは、なんでしょうか」 回答(スマナサーラ長老談) 「生きとし生けるものが幸せでありますように」を、「生きとし生けるものが幸せでありますようにと、(神様)お願いします」と言うと、それはあなたがおっしゃっているような西洋的な祈りです…

『生きとし生けるものが幸せでありますように』の『幸せ』とは何ですか?

《前回 幸せの相対性 - ブッダ ラボ - Buddha Laboratory から続く質問です。》 質問 「慈悲の冥想で、『生きとし生けるものが幸せでありますように』の『幸せ』とは何ですか?」 回答(スマナサーラ長老談) それは、あまり細かく定義しません。 「幸せであ…

幸せの相対性

質問 「判断は、“絶対的、相対的”に行わないというお話でしたが、幸せについてはどうでしょうか?」 回答(スマナサーラ長老談) 幸せも、まず相対的な幸せがあって、相対性を超えた幸せもあります。 それは、比較するものがないのです。仏教用語にしたらそ…

相手の罪が悲しくて許せなくて

質問 「自分がすごく大事に思っている人が、他の命を奪うような取り返しのつかないようなことをしてしまったと知り、そのことが悲しく許せない気持ちになります。どうすればいいでしょうか?」 回答(スマナサーラ長老談) まずは、自分にはほかの人を裁く権…

智慧とは、どういうものでしょうか?

質問 「智慧とは、どういうものでしょうか?」 回答(スマナサーラ長老談) そのときどきで、「”こうすればいい、ああすればいい”とわかることが智慧ではないのか」という質問の趣旨でしょう? それには、智慧とは別に、われわれは別な単語を使っています。 …

ウェーサーカ祭 Wesak 2017 Tokyo,Japan

5月7日(日)東京 なかのゼロ小ホールにてウェーサーカ祭が開催されました。 まずは、午前の部の動画を。Facebookにて見られます。(期間限定公開) http://fb.me/BDCwNroa 54:00頃から スマナサーラ長老の法話 午前の法話は、ウェーサーカにちなんだ「お…

悩みがない人はいるのでしょうか?

質問 「悩みがない人はいるのでしょうか?」 回答(スマナサーラ長老談) 悩みのない人間はいません。 悩みのない生命もいません。 生きているならば、悩み苦しみというのはインストールされているんですね。 悩み苦しみがあるから、生きることに頑張っちゃ…

死が怖くて、じっとしていられません

質問 「強迫神経症で二十年以上、薬を飲んでいます。 死が恐怖で、変わりゆくものを元に戻そうとして、自分のこころの不安を取り除こうとして、掃除などしてクタクタになるまで動いてしまいます。 死が怖いということや、じっとしていられないことに対して、…

sato caraṃ (サトーチャラン)~勇者は新たな冒険へと旅立つ - スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い4

sato caraṃ (サトー チャラン)とは、「サティを持って生きる」という意味だ、というのがスマナサーラ長老の解説でした。 さて、ここで問題です。 この日本語訳のなかで、サトー チャランに該当する箇所はどこでしょうか? 1066(1072) 師は言われた。 「ドー…

道場めぐりを終わらせるヒント。kathaṃkathiṃ(カタンカティン)とは?- スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い3

さて今回は、2つ目のパワーワード「kathaṃkathiṃ(カタンカティン)」です。 1063(1069)でドータカさんは次のように、釈尊にお願いします。 「わたくしは、神々と人間との世界において何ものも所有せずにふるまうバラモンを見ます。あまねく見る方よ。わ…

nigghosaṃ(ニッゴーサム)とは?- スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い2

この経典に出てきた3つのパワーワード nigghosaṃ(ニッゴーサム) 波が生まれない境地 kathaṃkathiṃ(カタンカティン) あいまい、中途半端 sato caraṃ (サトー チャラン) サティを持って生きる から、経典の意味に迫っていきたいとおもいます。 今回は一…

パーリ経典解説「スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い」1

4月26日、スマナサーラ長老によるパーリ経典解説が行われました。 前回に引き続きスッタニパータの彼岸道品の中から、今回は「学生ドータカの問い」1061~1068(1067~1074)です。 注目したパワーワードは、この3つ。 nigghosaṃ(ニッゴーサム) 波が生ま…

金銭的な成果は、どこまで追求していいのでしょうか?

質問 「商売で、金銭的な成果は、どこまで追求していいのでしょうか? 」 回答(スマナサーラ長老談) 「金儲けしよう、金儲けしよう」とばっかり思ってしまうと、欲で壊れてしまいます。 どれくらい金があればいいのかと考えることも、ちょっと意味がないん…

成果が希望通りに出ません

質問 「大学生ですが、会社もやっています。その会社の成果が希望通りに出ません。気持ちの持ちようを教えてください。」 回答(スマナサーラ長老談) 大学生をやりながら仕事もして立派だと、まず褒めてあげたいですね。 しかし、二つのことを同時にやって…

仏教はどのような教えでしょうか?

スマナサーラ長老 法話と実践会(ゴータミー精舎)動画: http://fb.me/VtsVf0I9 ( 法話めもより) 仏教は、生きるとはどのようなことかと説明しているだけです。 そこに価値判断は入れません。 価値判断をするためには、何かに比較しなくてはいけません。 …

やすらいで過ごす夜のために

おてらおやつクラブに参加している 金積寺 @konsyakuji さんのフェイスブックより。 金積寺様、いつもお布施を受けていただきありがとうございます。 お布施なさった方々の功徳をともに喜んで、生きとし生けるものが幸せでありますようにと、回向します。 自…

2017 ウェーサーカ祭が開催されます

今年のウェーサーカの満月の日は、日本では5月11日(木)のようですね。 今月や来月は、各地でウェーサーカ祭が催されています。 花まつり、灌仏会とも呼ばれている、お釈迦様の誕生・成道・涅槃を三つまとめて祝っちゃおうというお祭りです。 全国のお寺で…

「幸せの育て方」スマナサーラ長老 初期仏教月例講演会 

今月9日にスマナサーラ長老による法話「幸せの育て方」が、東京・中野にて行われました。 動画はこちらに www.facebook.com Twitterによる法話メモはこちらに スマナサーラ長老の法話メモ(@jtba_talk)/2017年04月09日 - Twilog このツイートの中で最もリツイ…

「妻が両親の介護をしません」を読んで。

親の介護の問題を発端に、この社会に地中深く埋まっていた数々を掘り起こした、この質問。 「妻が両親の介護をしません」 detail.chiebukuro.yahoo.co.jp ここでいう「両親」とは妻にとっての義父母です。 古い順に質問と返答を読んでいくと、質問者さんの母…

ブッダの智慧に学んで子育てのプロになる - 親子関係と業(カルマ)の真実

妊娠、出産のときに、スピリチュアル・トラップ(以下スピトラ)に陥りやすいことは、「妊婦さんあるある」なのではないかと感じている。 一般的にスピトラにはまる背景には、人生のつまづきや不安感があると思う。 妊娠出産なんて、まさに体もメンタルも激…

スッタニパータ5彼岸道品 学生メッタグーの問い

スマナサーラ長老による経典解説「スッタニパータ5彼岸道品 学生メッタグーの問い」が、下記で現在動画公開中です。 www.facebook.com 文字で読む経典解説(実況ツイート):スマナサーラ長老の法話メモ(@jtba_talk)/2017年03月31日 - Twilog 前回 の経典解…

ひとりで家で死ねますか?

小笠原先生、ひとりで家で死ねますか? 上野千鶴子、小笠原文雄(日本在宅ホスピス協会会長)著 「おひとりさま」上野千鶴子氏が自身の「在宅ひとり死」を念頭において「徹底的にお尋ねし」たことを、小笠原医師が豊富な臨床ケースから答えるという、読み応…

卒園、卒業おめでとうございます

おてらおやつクラブに参加している 金積寺さんのフェイスブックより…… 金積寺ご住職様、いつもお布施を受けていただきましてありがとうございます。 そして、おてらおやつクラブへ発送いただきまして恐れ入ります。(素敵な自転車ですね) これはやっぱり送…

長生き遺伝子のヒミツ

寿命はもともと決まっているのでしょうか? 長生きの遺伝子はあるのでしょうか? という問いに答えた本です。 「寿命はなぜ決まっているのか 長生き遺伝子のヒミツ」 小林武彦 著 老化とは何なのか、DNAとは何なのか、長生き遺伝子というものはあるのか、老…

恐れて悩む生命が恐れなく

Dukkhappattā ca niddukkhā, Bhayappattā ca nibbhayā. Sokappattā ca nissokā, Hontu sabbepi pānino. 苦しんで悩む生命が苦しみなく 恐れて悩む生命が恐れなく 悲しんで悩む生命が悲しみなく 一切の生命が安穏でありますように この回向の文言は、昨年のウ…

その子は自分の死を予告した(スリランカのニュース)

「死に方入門」(スマナサーラ長老講演)でお話に出た、「自分の死を予告した少年」の記事が、以下のサイトにりました。(注:安置された遺体の写真が載っています) 記事(2017.03.08付け)によると、スリランカの8歳の少年は、交通事故で亡くなったのですが…

「死に方入門」初期仏教 月例講演会 スマナサーラ長老

「死に方入門」というスマナサーラ長老の法話を聴きました。 こんなお話が耳に残りました ヴィパッサナーを日頃からしている人は、死の直前になっても、ほとんど自動的にヴィパッサナーによる観察に入っていく。 だから、普段から怠らないで、クセになるまで…

悲しみや寂しさについて

「悲しみや寂しさについて」 (スマナサーラ長老談) 寂しさというのは依存ですね。 依存から出てくる問題です。 ややこしいです。 生きるとは依存です。 何かに依存しなくちゃ命が成り立たない。 だったら必ず寂しい。 依存したものも、それも無常だからな…

慈経を写経(2)Challenge

前回記事 《慈経の写経》 Metta suttamを写経してみよう を書いたところ、数名の方からご助言をいただきました。 ありがとうございます! 前回こちらでご紹介したものより、もっと写経に適した漢訳を教えていただきました。 それが以下になりますが、パーリ…

《慈経の写経》 Metta suttamを写経してみよう

「せっかく写経するなら、慈経がいいですよ」 という言葉を耳にしたことがあったのを、ふと、思い出しました。 写経というのはやっぱり全部漢字じゃないと雰囲気でないでしょうか……と、漢文の慈経をちょっと探しました。 それで、こちらに載っていた慈経をも…

スッタニパータから社会問題を紐解く

タイの森林派Thanissaro比丘は、パーリ経典をたくさん英訳しているそうだ。 下の記事では、Thanissaro比丘が、スッタニパータの4つのお経を紹介しながら、現代のわたしたちが直面している社会問題の解決策を探っている。 tricycle.org ”ブッダは人種につい…

大乗仏教の空(くう)とは?

質問 「大乗仏教の空(くう)とは何でしょうか?」 回答 (スマナサーラ長老談) 空(くう)とは、知識でとらえられるものではないんですね。 大乗仏教にヒンドゥー教が入ったところで、「空って何だ?」とわからなくなってしまった。般若心経は全くの間違い…

量子コンピュータが人工知能を加速する

量子コンピュータって? 人工知能はこれからどうなるの? という疑問を持つ専門外の人でも、あまり途中で挫折しないで読めそうだと思った一冊。 「量子コンピュータが人工知能を加速する」西森秀稔、大関真之著 日経BP社 2016年12月 途中で積読(つんどく)…