ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

「この世界の片隅に」いる すずさん、しずこさん、あなた、わたし

こんな本を読みました。

 

 しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)     

 

大判で写真も豊富。昔の写真がきれいなんですよ。技術だなぁ。

戦前と戦後のたくさんの写真と 、大橋鎭子さんという「暮らしの手帖」を創った一人の女性の一生が濃縮された一冊。

映画「この世界の片隅に」の主人公すずさんとほぼ同年代の方なんですね。

みな時代も場所もバラバラに生きていますが、自分との紙一重感が、わたしに平和を熱望させるのだと思います。

 

 

全然関係ないのですが、今パラパラと見返していて、しずこさんのお父様、俳優の小栗旬に似てる気がする。ファンの方もぜひご覧ください(笑)。     

 

 

 

さてこちらは、そろそろ募集を終了します。

🐎《年末アンケート実施中》🐑 

↓↓ 下記記事の一番最後にある「コメントを書く」をクリックして、今年一番こころに残った法話記事を書き込んでいただけると幸いです。↓↓

【アンケート】こころに残った法話は?

 

耳さん、コメントありがとうございました☺

どの記事もインパクトが強かったのですが、一番ガツンときたのはこちらでした。
「初心者が冥想を始めて、一番つまずくところはどこですか?」
http://thierrybuddhist.hatenablog.com/entry/2016/11/16/040000
妄想や感情への執着が強かったので、これを読んでから、「六処の観察」もやってみようと思いました。

 

 六処の観察、がんばりましょう !

 

六処について参考過去記事:     

生きることは苦?|パーリ経典講義「相応部六処篇受相応」(1)

 

広告を非表示にする