読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

sato caraṃ (サトーチャラン)~勇者は新たな冒険へと旅立つ - スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い4

sato caraṃ (サトー チャラン)とは、「サティを持って生きる」という意味だ、というのがスマナサーラ長老の解説でした。

 

さて、ここで問題です。

クイズ, テスト, 学校, 学ぶ, 教える, 黒板, 緑色の基板, ボード, 緑

 

この日本語訳のなかで、サトー チャランに該当する箇所はどこでしょうか?

 

 1066(1072)

師は言われた。

「ドータカよ。伝承によるのではない、まのあたり体得されるこの安らぎを、そなたに解き明かすであろう。それを知ってよく気をつけて行い、世の中の執着を乗り越えよ。」

町に署名, 地名標識, サポート, 質問, 回答, ヘルプ, アシスタンス 

 

答え:

「よく気をつけて行い」が、サトー チャランにあたるところでした。

 

 意外かもしれませんが、

「よく気をつけて行い」は、実のところ「サティを持って生きる」ということだったのです。

 

ですので、この偈の意味は、

「サティを持って生き、この世の執着を乗り越えよ」

 

なのです。

 

ここで隠し扉が「ギギ~~ッ……」と現れて、勇者は新たな冒険へと旅立つ……!(イメージ)

のでした。

人間のシルエット, 地獄への扉, ゲート, 太陽, 明るい光, 火山の噴火口 

 

それでは勇者のみなさま、冒険の準備はよろしいですか?笑

長文ですよ。

 

 

【sato caraṃ (サトー チャラン)の解説:スマナサーラ長老談】

 

あなたに「安穏」ということを教えましょう、とお釈迦様は説いています。

それは今ここで発見するもので、どこかからこちらに持ってくるものではないんだ、と。

 

たとえば、神を信じる宗教だったら、この世に幸福はないんですね。そちらに行かなくてはならない。結局はどんな宗教でも「究極のやすらぎ」という言葉を使っていますけど、それは、ここにないものなんです。

宗教の世界では、自分が死んでから安穏の世界に行かなくてはいけない。

 

お釈迦様は「この存在は“苦”そのものであり」と言いながら、「安らぎはここにあり」というんです。

 

日本語訳では「伝承によるのではない」と書いてあるだけですが、わたしにはちょっと納得がいかない。ドータカは究極の知識人です。世俗的なことを話しているのではありません。

 

「今ここで安らぎを体験できるということを知って、気づきを実践しなさい。」とお釈迦様はこの偈で言っています。

トーチャラン、チャランというのは、「歩く」「旅する」という意味です。もう一つの意味は、「生きる」。つまり、気づきをもって歩く、旅する。旅するというのは生きるということです。気づきをもって生きる。食べること、トイレに行くこと、仕事すること、全部生きることでしょう。そちらに何が起きているのかとチェックするだけ。だから、あえて違ったことをすると、宗教的な修行になります。

 

たとえば呼吸瞑想も、わたしたちが教える場合は、すっごく気をつけて教えます。

ふつうあなたは息をしているでしょう。それをチェックしなさい、と。世間で教えている呼吸瞑想は、長ーく吸って、長ーく吐いて、とコントロールしますね。数を数えたりもします。

 

呼吸することは生きることに欠かせないものですが、世間の呼吸瞑想では、それを別個に取り上げてしまう。

別に取り上げちゃうと、生きることに関係がなくなってしまいます。

十分間深呼吸しましょう、というのは体にとってはいらないでしょう。たとえば、10分深呼吸して、今度は10分休んで、また10分深呼吸する、と繰り返すと、30分でいろんな幻想が見え始めます。すごく簡単に。

 

どういうことかというと、脳が、酸欠状態になるからです。呼吸し過ぎちゃって。そうすると、五感の管理ができなくなるんですね。それでちょっと神秘体験が生まれたりする。ブッダはそれをやらせませんよ。

 

(質問者談)

「でもブッダは、初期の頃はお弟子さんたちにサマタ冥想をさせて、それからヴィパッサナーを教えたと聞いていますが?」

 

スマナサーラ長老談)

その通りですが、仏教では、日常呼吸は変えません。

ここで説明したのは、「世間的な呼吸瞑想は、日常やっている呼吸を変えて行う」ということです。

 

仏教では、日常の呼吸は全く変えません。

そのままの呼吸を観ているんです。そのままの呼吸を観ていると、どんどんよく見えてくるんです。今まで気づかなかった、呼吸の流れが見えてくる。だからと言って、呼吸はわざわざ変えません。

たとえば、体全身を感じながら「吸います、吐きます」と。今は、わたしたちは体全身を感じません。しかし、呼吸を観ていると、吸っただけで全細胞がその影響を受けて感覚変化するんです。それは自動的に発見する。仏教のサマタ冥想はそういうふうになっています。自然に逆らうことは一つも使いません。

 

呼吸冥想は、仏教で経典一つ分もあります。アーナパーナ経典を見てみてください。呼吸は自然にやるものなんですね。

 

ブッダのサマーディ冥想は、脳を壊すことはしません。

呼吸を一切管理しないで、そこは体が自然にやっていくんだから、その呼吸を一切の集中力で追っていく。

そうすると、吸ったり吐いたりすることは、体全細胞の仕事であるとわかる。科学的になっちゃうんです。各細胞が呼吸しなくちゃいけないからね。

 

呼吸っていうのは肺と横隔膜だけの仕事じゃないんです。そうすると、肉体っていうものがなんか一つになっちゃうんですね。バラバラではなくて。そこで空気の交換が起きている。

そこをみてみると、今まで自分が考えていた五欲なんかは、あんまり意味がないね、こんなことですから、と五欲や五蓋から離れて、なんか安穏なところになる。それが第一サマーディです。

 

それを科学的に持って行くことで、ブッダのサマタ冥想はみじんも副作用がありません。

それはしっかりと仏教が断言することです、「副作用はないんだよ」と。ですから、お釈迦様に説かれたとおりにやってください。

もしご自分が別な冥想法を加えてやってしまったら、保証はできない。いろいろなインドなどの冥想指導者が言っている方法で、異常現象は簡単に体験できますけど、精神的な成長はしません。

 

瞬間で安らぎを感じたければ気づきの冥想です。

しかし、それは理性と智慧がかかってくるんだから、俗世間はあまり好きじゃないですね。やっぱり嘘じゃなければ気に入らない。神話に育てられた人間だから、われわれは。どうしてもその先入観があります。

 

トー チャラン、という言葉でお釈迦様は、「気づきをもって普通に生きてみなさい」と言っています。

「普通に」というところが重要です。変なことをやってはいけない。しかし、仏教では「食べ過ぎるな、酒を飲むな」と言っているでしょう、と文句があるかも。答えは、「食べ過ぎない、酒を飲まない」ということが「普通」です。酒を飲むことが異常です。酒で体をいじることをしないで、自然にいなさい、と。それで「仏教は厳しい」というのはおかしいでしょう。

 

仏教は、人々を自然に戻したいんです。

仏教の戒律はそういうふうになっています。

仏教の人でも、戒律を守るが特別なことだと思っています。嘘をつかないことが自然であって、嘘をつくことが異常な行為です。

 

生命を生かすことが普通の行為でしょう。

生命を捕まえて、殺すことってそれが異常でしょう。

 

そういうことで、仏道、サティの生き方、気づきの生き方、観察の生き方、これは特別な生き方じゃないんです。

普通に生きていて、それを観察してみる。

その世界は、サトーチャランという言葉に集約していますね。

それを実行する人は、世の中の執着を乗り越えよう、と。

 

世の中のことに執着するほうが異常です。

気づきを持つと、執着せずに生きられる。

執着することが異常です。わたしたちは執着することが普通だと思って、仏教が「無執着」というと、「それはおかしい、できません」と。

しかし、実は反対なんです。

 

(sato caraṃ (サトー チャラン)の解説おわり) 

 

 

これで今回の経典解説で学んだ3つの言葉について終わりました。

スマナサーラ長老に「難しくて注釈できない」と言わしめた最終偈(1068または1074)も、下の動画で聞けます。有志の方はぜひアクセスしてみては。動画最後部です😊

 

関連エントリ:

パーリ経典解説「スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い」1 - ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

nigghosaṃ(ニッゴーサム)とは?- スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い2 - ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

道場めぐりを終わらせるヒント。kathaṃkathiṃ(カタンカティン)とは?- スッタニパータ 彼岸道品 学生ドータカの問い3 - ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

 

 

当日の経典解説講座の動画:

期間限定公開です

 

経典解説Twitter 

経典の日本語訳版: 

広告を非表示にする