読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

理想的な生き方は出家だけ - パーリ経典解説(梵網経1) 第十段落

経典 説法めも

前回 経典の裏を読め - パーリ経典解説(梵網経1) 第十段落

 

お釈迦様は、一般人の立場からみれば、想像もできない生き方をしているんですが、お釈迦様自身は「大したことはない」と言う。

これまでは「小戒」です。

 

「中戒」にはすべて基本的に存在欲に関するものが入っています。

おもしろいことは、すべて生計を立てる、ということになっているんですね、戒律の項目をみると。

 

皆様は「こんなのはわたしたちにできっこない」と、おそらく疑問を持つでしょうから、最初に答えを出したんです。

これは在家の問題ではないんです。出家の問題です。

 

理想的な生き方は出家にしかできない、ということなんです。

解脱するためには理想的に生きなくてはいけないかというと、ある程度で頑張ってみないと意味がないんです。

理想と言うのは、無執着な生き方で、生命には迷惑をかけないことです。

 

命を科学的に定義すると、大豆も命です。科学的にみると。

命を取ってはいけないと言うと、生の穀物も生の肉もダメです。

人間は生の肉は食べない。料理するんです。

「生きていきたい」という気持ちがないと、料理できんでしょう。

だから、出家は料理はしない。

 

托鉢のご飯も、だれかが(殺生を・料理を)しているでしょうという理屈があります。

生命の営みの中で、最終的なプロダクションが作ったご飯なんです。

おもしろいことに、作ったご飯はいつでも「物」なんです。命じゃないんです。

 

ジャガイモは命ですね。茹でたら? 「物」です。

だから、焼いた魚も焼いた肉も、托鉢でいただいたら食べます。それは物です。一つ前は違うんです。

だから出家と言う言葉を使っているんです。出家とは、生計を立てるという行為をやめているということです。

 

どう生きて行けばいいかということは、出家した時点で考えてはいけない。

比丘戒を受けるときは、生き物だから、食べなくちゃいけないという問題が出てくる。

命と言うのは壊れるシステムだから。壊れるなら修復しなくてはいけない。

でも出家したのは解脱に達するため。そのときまで、システムを維持管理しなくてはいけない。

 そうすると食べるものを取り入れなくてはいけない。

 

そこで、托鉢に行って鉢に入ったものを食べなさいと。

それがあなたの食べるもの。もし、在家の信者さんが接待すると言うなら、そんなのは、余計にいただいたものでプラスアルファだと思ってください。

 

托鉢の場合は、仏教僧でもなくても托鉢できます。

いわゆる乞食だからね。しかし、「ください」はダメなんです。それを言うと誰かが、「やっぱりあげなくちゃ」という気持ちになる。

 

そうではなくて、黙って行くと、相手の気持ちが「この人は何か欲しいみたいだ」と思って、自発的に上げる気持ちが起こる。

そこで純粋に、お布施の気持ちが生じているんです。

誰も、何も言われることなく。

 

そこで、「何かあげたいな」とお布施の気持ちが生まれても、何もなくて、指を見たら、ただ指輪だけはある。

これだったら、一か月間くらい食べられますよと気づく。そこで指輪を托鉢の鉢に入れようとするなら、お坊さんはサッと腕で鉢を塞ぐんですね。受け取ってはいけないものだから。

 

そこで、在家の人が自分で食べていたものを、「これはどうですか?」と鉢にいれたら、それは持って帰る。

そういうふうにいろいろと托鉢の決まりがありましてね。

 

このルールは崩れましたけど。生きる為に出家する人々が増えてきましたからね。

(第十段落つづく

(梵網経1 最終回)実は自然な生き方が戒律 - パーリ語経典解説 第十段落

仏教の僧侶施しタイ 3 D ガレージ グッズ マグネットを与える

 <スマナサーラ長老による経典解説http://www.ustream.tv/recorded/84866551 (期間限定公開動画)01:08:00~ 書き留めました>

目次7‐経典 /仏教と日本、仏教哲学 - 瞑想してみる

ALL & NEW !!【目次】説法めも カテゴリーの記事一覧

広告を非表示にする