ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

夫が家を出て行った(1)

質問

「夫が家を空けるようになった。どうもそとに女の人がいるよう。

現在、自分の気持ちがどうしようもない状況。

子どもたちもそれを知り、家族で話をしたが夫の気持ちは変わらず。『とにかく自分は自由にしたい』と。

わたしは、どういう風に考え、どうしていったらいいですか?」

 

回答(スマナサーラ長老)

 

色々な感情がありますからね。くるしいでしょうね。

それでいくら言っても同じこっちゃだからね。

 

「じゃあ、家に戻ります」とその男がね、戻って来ても、あなたは気持ちが落ち着かないんですね。

「こいつはこんなことをやっていた、あんなことをやっていた」という気持ちが出てくる。

 

ものごとは変わって、変わって、いくものだからね。

何一つも元に戻ることはないんですよ。

これ、きついんですよ。

 

家族はみんな仲良く、子供たちも楽しく、すくすくと成長して大人になっていくのはありがたいんだけど、期待もしますけど、そういくかどうかはわからないんですね。

わたしのせいでも、あの人のせいでも、そんなこと言ったっても、そう思ってないですよ、誰も。

 

もしかするとね、「お母さんのせいかもしれません」と思っても、そうじゃないんですね。

いろいろと人間はだらしないんだからね、誰にだって原因はありますよ。

 

それはしょうがないんですね。

男性の方も完璧ではありませんし、いろいろと原因があるし、お母さんにもそうでしょうし、人間が完全じゃないんだから、失敗しますよ。

 

そういう原因が合わさったところに、いろんなことが起きます。

起こることが嫌だと言っても、仕方がないんですね。

 

いろんなことがあって、その男の人が「自由になりたい」というかもしれませんね。

それが嫌と言っても、どうしようもないということになっちゃうんですね。

 

だから憶えておいてほしいことは、何一つも、元に戻ることはないんですね。

 

これは人間にとって、きついんですよ。でもこらえるしかないんです。

何一つも元には戻りません。

 

わたしたちの大きな間違えは、なんか元に戻りたいというね。そういう気持ちなんですね。

それは頭の思考が間違っているんです。

何一つも元には戻りませんと、覚悟しなくてはいけない。

 

では元に戻らなかったらどうするのかと。

じゃあ、これからどうするのかということで、頑張ればいいんです、いつでも。

 

これから楽しく生きなくちゃと。これから楽な方向へ行かなくちゃと、そういうふうにこころを入れ替えてほしいんです。

元に戻るときことはありえないんですね。

計画を立てて、頑張って、これからしっかり頑張るぞと。

 

それが具体的であって、楽しいんですね。

 

奥さんのほうも、これからどう頑張るのかと考えるしかないと思いますよ。

(続きます

脱皮 - 夫が家を出て行った(2)

 

法話・スマナサーラ長老 関西月例冥想会 2014.6.01

http://www.voiceblog.jp/najiorepo/2047354.html を聞いて書きました。

Divorce (Introducing Issues With Opposing Viewpoints)

 

 

関連外部サイト:

パティパダー巻頭法話 No.186 (2010年8月)
不倫とはどんなもの?
 ~仏教から見る性行為の話~
 Promiscuity

http://www.j-theravada.net/howa/howa186.html