ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

一つ合格したら次々と-戒律(6)

人格が変わる-戒律(5)  から続きます)

次に「殺生をしない」、というのも、もういらない。

その人が殺生するわけないでしょう。

まったく嘘をつかない人間が、人を殴ったりとか、もうないでしょうね、人間ができているんだから。

 

あるいは、「殺生をしない」というトレーニングをする。

トレーニングをやってみると、どんどん自分の人格が変わっていくんですね。

殺生したくなる気持ちさえ消えているんですね。

 

ときどき、やっぱり蚊ぐらいは殺しちゃったほうがいいんじゃないかな、と言う気持ちになる。

でも、トレーニングだから、戒律じゃないんだから、トレーニングとして頑張ってみると、やがて生命に対して慈しみが湧いてきて、生命は大事な存在である、みんな生き物であるということで、なんとなく、「どうかみんな幸せでいてください」という気分になっているんです。

 

そこはもう元に戻らない。

次へと頑張ってください、ということになるだけ。

一つ合格したら次から次へと……。

一つの戒律に合格するために、一年二年かかっても、そのあとは一日二日で次の戒律のトレーニングが終わりますから大丈夫です。

戒の次はサマーディ-戒律(7)に続きます)

f:id:thierrybuddhist:20160203211209j:plain