読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

仏教と日本・仏教哲学

クンダリニー症候群と仏教冥想に関連性があるのか?

質問 「インドで冥想をしている人をたくさん見てきました。 クンダリニー症候群なども、仏教徒は精神集中する対象(神など)がないから、そういう弊害に陥ってしまうのではないでしょうか?」 回答(スマナサーラ長老談) 妄想だけではなく、なにか証拠があ…

仏教は偶像崇拝をしているのか?

質問 「仏教の祈りと冥想の『対象』は何なのでしょうか」 回答(スマナサーラ長老談) 仏教の祈りと冥想の対象は「自分」です。 自分がいるのならば、そのほかは「他」でしょう。 相対的に成り立ちます。自分と他人は。 結局、わたしたちは「自分がいるんだ…

「祈り」とは

質問 「祈りとは、なんでしょうか」 回答(スマナサーラ長老談) 「生きとし生けるものが幸せでありますように」を、「生きとし生けるものが幸せでありますようにと、(神様)お願いします」と言うと、それはあなたがおっしゃっているような西洋的な祈りです…

大乗仏教の空(くう)とは?

質問 「大乗仏教の空(くう)とは何でしょうか?」 回答 (スマナサーラ長老談) 空(くう)とは、知識でとらえられるものではないんですね。 大乗仏教にヒンドゥー教が入ったところで、「空って何だ?」とわからなくなってしまった。般若心経は全くの間違い…

人の本性は悪なのか

質問 「人の本性は悪だとお釈迦様は仰っているそうですが、赤ん坊のころは、どうなのでしょうか?」 回答 (スマナサーラ長老談) 人間は貪瞋痴を持っていますから、不善だと言わざるを得ないんですね。 しかしみんな共通して持っているものだから、善悪とい…

人は生まれながらに仏性を持っているのか

質問 「人は生まれながらに仏性を持っているという考え方がありますが、正しいですか?」 回答 (スマナサーラ長老談) それは優しい考え方だと言えますが、正しくはありません。 正しくはないんだけど、「誰でもみんな仏性があって平等なんだ」と考えると、…

先祖供養について

質問 「先祖供養について教えてください」 回答 (スマナサーラ長老談) 先祖供養は文化的なものであると、まず理解しなくてはいけないんですね。 西洋文化やイスラム教文化ではあまり先祖供養はしません。 亡くなられた方々を思うのは、人間として恩を知っ…

仏教を知らないことで問題が起きる

山口県誓教寺さんが数か月ごとに出されている寺報「つきなみ」は、いろいろ学べるのでおすすめです。 今年の元旦号《誓教寺報 つきなみ 2017.01.01》の目次は、 仏教と文化②「文化は変わるが壊れない」 天宮事経(四十四)「大麦畑の見張り人の天宮」「耳飾…

守るべきもの

《スマナサーラ長老法話 2007.04.09 ブッダの誕生日(はなまつり)にちなんで https://www.youtube.com/watch?v=3BYCITvRDtE より、法話めもとしてまとめました》 昨日、花まつりがありましてそちらに参加しました。 花まつりがあったのは山口のほうで。 花…

お布施ってなに?【今日はアラナ精舎でカティナ衣法要 Sādhu sādhu sādhu ! 】

「お布施ってなに? 経典に学ぶお布施の話」藤本晃著、国書刊行会、2007年 本日10月23日(日)は、大阪岸和田 アラナ精舎でカティナ衣法要の日。 カティナ衣法要のお布施はちょっと特別ということで、このブログでもお布施のアマゾンのリストをご紹介いたし…

ブッダ的に夢とはなにか?

質問 「座禅をしたり冥想したりと頑張ってきました。 鎌倉時代の座禅の達人が夢日記を書いておられたと聞いて、座禅をする人が夢をみるのかと、そこで疑問に思ったのは、ブッダのことばで夢に対してどのようなことばがあるのか、ということです。また、スマ…

「南伝 ブッダ年代記 Chronicle of the Buddha」アシン・クサラダンマ著

「南伝 ブッダ年代記 Chronicle of the Buddha」アシン・クサラダンマ著 これはブッダの生涯を、誕生から成道、涅槃までを綴った物語です。 著者は、今年アラナ精舎で雨安居を過ごされているクサラダンマ長老です。 この本はもともとインドネシアで出版され…

法事とは?

質問 「『無常の見方』という本に、法事について書いてあるのを読みました。 小さな子供が早くに死んでしまうことになっていて、お釈迦様が法事という善行を積ませて、悪いカルマを解消させた、という話でした。 法事を行うことで、そうしたカルマを解消する…

三大事件をまとめた裏の意味 - 関西ウェーサーカ祭2016(最終回・10)

前回 ブッダの教え以外で解脱した人はいません - 関西ウェーサーカ祭2016(9) それはちょっと脱線した話で、他宗教者とお釈迦様の会話に戻りますが、 そのときはもう亡くなるところですよ。あと二、三時間で。 それでもその方に真理を語って、その方は覚り…

ブッダの教え以外で解脱した人はいません - 関西ウェーサーカ祭2016(9)

前回 帝釈天の看病 - 関西ウェーサーカ祭2016(8) 最期のときは、一人になることもできなかった。 涅槃に入ると宣言していたからね。 最期の安居があって、それから三か月後ですね。ということは十二月あたりだと思います。 そこでお釈迦様は、アーナンダ…

帝釈天の看病 - 関西ウェーサーカ祭2016(8)

前回 菩薩誕生=成道=ゴール - 関西ウェーサーカ祭2016(7) それから四十年間説法しましたが、人間にはできないですよ、あれほど身体が壊れているのに。 何も贅沢はなく、お釈迦様は草履も履かなかったし、日傘もささなかった。 はじめから質素な生活でし…

菩薩誕生=成道=ゴール - 関西ウェーサーカ祭2016(7)

前回 息子の出家と父王 - 関西ウェーサーカ祭2016(6) 覚ったときは、偈を三つ唱えました。 しかし伝統的には、最初の言葉として言っていないんです。その偈が頭の中に浮かんだだけだと。お釈迦様が世界がどうなっているのか、どうしてこの現象世界が現れ…

息子の出家と父王 - 関西ウェーサーカ祭2016(6)

前回 アシタ仙人の涙 - 関西ウェーサーカ祭2016(5) そういうことで、お釈迦様は二十八歳で出家して、そこまではお父さんの機嫌を取っていたんですから。 お釈迦様は、「父は自分が人類を幸福にするんだと思っているんだ。でもただの王子で何もできない。…

アシタ仙人の涙 - 関西ウェーサーカ祭2016(5)

前回 「唯我独尊」は事実確認 - 関西ウェーサーカ祭2016(4) それで三十五歳で覚りを開くんですね。 それまで普通の人間としてやるべきことをやった。結婚は十六歳で早かった。お父さんのことは気になっていたので、いい子として頑張ってみたんですね。 イ…

「唯我独尊」は事実確認 - 関西ウェーサーカ祭2016(4)

前回 菩薩誕生 - 関西ウェーサーカ祭2016(3) そこでお釈迦様が生まれてすぐ「これは最後の生まれです」と。 最後の生まれというのは、輪廻転生をして、して、して、最後のゴールに達しましたよ、勝利ですね、もう。最後の一歩を出したらゴール。あと一歩…

誕生と成道と般涅槃を一日にまとめたワケ - 関西ウェーサーカ祭2016(2)

前回 禅宗のお坊さんは、別宗派のお坊さんという感じが全然しないんですね(スマナサーラ長老)- 関西ウェーサーカ祭2016(1) なんでそんなことを言ったのかというとね、お釈迦様を祝う行事は三つに分けていますね、北伝では。 テーラワーダ仏教になってく…

禅宗のお坊さんは、別宗派のお坊さんという感じが全然しないんですね(スマナサーラ長老)- 関西ウェーサーカ祭2016(1)

< スマナサーラ長老・ウェーサーカ祭 午後法話 mayadevi 2016.4.29 https://www.youtube.com/watch?v=vYomM7Q2ROY&feature=youtu.be(期間限定公開動画)を聞いて書きました。> ご存知の通りに、今日は釈迦尊生誕の祝祭日ですね。 いつでもわたしは繰り返…

信(14)- 最終回

前回 信(13)- 見たものは見ただけで、感じたものは感じただけで(バーヒヤが受けた“瞬間説法”) それはお釈迦様が負けたケースですけど、負けたのに物の見事に結果を出したでしょう。 そのケースでも、「わたしは如来だから決まりは破りません」という頑固…

信(13)- 見たものは見ただけで、感じたものは感じただけで(バーヒヤが覚った“瞬間説法”)

前回 信(12)- ブッダの九徳 ブッダに指令することは誰にも不可能です。 インドの南のほうにある行者がいて、六十年間くらい長い間、木の皮を着て暮らしていました。 遭難した人で、ある島に流れ着いた。そこで木の皮をまとって暮らしていた。一般の人々が…

信(12)- ブッダの九徳

前回 信(11)- 信はチカラ それでお釈迦様は、こういう項目を調べてくださいと、項目を九つ教えているんです。 Iti pi so bhagavā (イティ ピ ソー バガワー)というのはそういう意味。 arahaṃ(阿羅漢)一切煩悩の滅尽者 sammā sambuddho (正自覚者)最…

信(11)- 信はチカラ

前回 信(10)- 占いは獣のもの by Buddha それで、「信は力」とはどういうことか。 それは行動するから。たとえば若者が頑張って京大か東大に入ったとします。大学を信じているんです。そこで、行動力が生まれて、やる気が生まれてきて、勉強する。大学が有…

信(10)- 占いは獣のもの by Buddha

前回 信(9)- 占いに免疫がない日本人 ブッダがいい加減を言ったのではないんです。 「占いとかは畜生の知識だ。人間のものではないんだ」とそこまでけなしているんです。占星術とか、畜生がやるものだ、獣がやるものだ、とすごい非難的な言葉でしょう。な…

信(9)- 占いに免疫がない日本人

(前回 信(8)- 「信仰」と「信」) なんで世の中に迷信があるのかというと、それも将来の問題なんですよ。 将来が知り得ないと、なぜ納得しないんですか。人間がそれは嫌なんですね。将来を知りたいんですね。これが欠点で、信がおかしくなる。 この神社仏…

信(8)- 「信仰」と「信」

前回 信(7)- データを調べる 次の問題は、「信仰」。 これは宗教組織で必ず信仰が必要だと言うならば、立証できないことを教義として教えている。立証不可能。だから信じなさいよと。 「○○の神を信じたら永遠の天国に生まれますよ」というのは立証不可能。…

信(7)- データを調べる

前回 信(6)- どうして信が必要ですか? 種を植えるときでも信が働いています。 芽が出るでしょうと。出ない場合もあります。 果物のタネを植えたら、おいしいイチゴを食べられるでしょう。「食べられるでしょう」なんです。本当に食べられるかどうかよくわ…

信(6)- どうして信が必要ですか?

前回 信(5)- 可能性が高い信 ākāravatī saddhā(アーカーラヴァティー・サッダー) そういうわけで、仏教は信を心理学的な要素として、いかに管理するのかと教えているんです。 お釈迦様以外はこれを教えていません。 信の弱みも教えています。信じた通り…

信(2)- 信がなければインスタント食品さえ食べられない

(前回 信(1) - 修行者が育てるべき「有学の五力」) わたしたちは、信がなければ俗世間でも生きていけないんです。 要するに、信じることがなければ何も始まらない。すべてはそこからスタートするんです。 どういうことかというと。 皆様方は病気になっ…

信(1) - 修行者が育てるべき「有学の五力」

スマナサーラ長老・関西月例冥想会 2016.4.30 https://www.youtube.com/watch?v=MEfigejxCSM(期間限定公開動画) 仏教では「有学者(うがくしゃ)」というのは修行する人、学ぶ人という意味で、他の宗教と違って、仏教と言うのは人格を向上するための学校み…

マハーシ・サヤドー、アチャン・チャー、ゴエンカ師

(前回 テーラワーダでは覚りの認可制度がありますか? から続きます) それからゴエンカさんのことなんですけど、 ミャンマーのあるお坊さんから冥想を勉強して、その方法を教えている方なんですね。 それはその人のやり方で、できるだけ社会的な立場で頑張…

テーラワーダでは覚りの認可制度がありますか?

質問 「ニッバーナ(涅槃)についてお伺いしたいです。 ニッバーナの証明方法、認証方法についてですが、禅宗ですと、師匠に認可というか『ニッバーナに達しましたよ』と証明を第三者からしてもらうという形式があるかと思います。 テーラワーダの場合は、あ…

日本社会とお酒

(葬式と金と酒 から続きます) 質問 「日本に住んでいれば、お酒との付き合いは避けられないじゃないですか。葬式、結婚式、歓迎会、送別会、飲み会。給料をもらって生活している以上、そういう会に『わたしはいきません』と言うのは無理なんですよね。その…

葬式と金と酒

質問 「お葬式に関する質問なんですけど、わたしの祖父が亡くなりました。一緒に住んでいた人が亡くなったのは、今回が初めてでした。 死んだときに思ったのは、葬儀会社に電話すると、お金の話ばかり。この祭壇はいくらですよ、とか。このプランはいくらで…

ヨガのブラフマンやアートマンはニルバーナか?

質問 「ヨガで、最終的な境地をブラフマンと言ったり、アートマンと言ったりしていると思うのですが、それはニルバーナと似たようなものなのですか? それとも人によって、それぞれどういうふうに認識したのかという、言葉の違いなのでしょうか?」 回答(ス…

師匠を絞れない

質問 「こちらで、別の宗派のお寺のことで質問するのはどうかと思うのですが、ぜひアドバイスをいただきたいです。師匠と弟子の関係になる、ということについてお伺いさせてください。 わたしは座禅会に参加したり、こちらの法話会に参加したり、ある冥想の…

寂しい(1)「犀の角のごとく」の正しい意味

質問 「寂しさということについてなんですが……。 自分の生活・人生のバックグラウンドをなしてるのが「寂しさ」ということなんじゃないかと最近思い始めています。長老や仏教の本に寂しさという言葉があまり出てこない気がするんですよ。 寂しさを回避しよう…

仏教には感謝の概念がない?(後編)

(仏教には感謝の概念がない?(前編)から続きます) それだけでは仏教の話は終わりませんよ。 生きることは苦であって、仕事も勉強も遊ぶことも、なんでもかんでも苦の連続で、最後に死ぬことも苦なんですね。長生きしたいなというのは、長く苦しみたいな…

仏教には感謝の概念がない?(前編)

質問 「以前、とある仏教書の本を読んでいて、仏教には「感謝」という概念がないと読んだ記憶があります。わたしたちが生活していくうえで、親に感謝したり、何かに感謝しなさいと言われて大きくなってきたつもりですが、感謝という概念はどう理解すればよい…

道徳ってなんですか?(後編)|道徳は呼吸と同じ

(道徳ってなんですか?(中編)|普遍的な道徳とはより続きます) 質問者 「学校では、道徳の時間が一応あるんです。わたしが考えるのは、キリスト教文化だったらキリスト教の道徳がある、仏教文化だったら仏教の道徳がある。 日本の学校では宗教を教えたら…

道徳ってなんですか?(中編)|普遍的な道徳とは

(道徳ってなんですか?(前編)|道徳の定義 より続きます) 二番目の質問ですが、宗教になにか裏付けがあるかというのは、ないです。なんの関係もない。宗教があろうがなかろうが道徳はあるんです。 あるときわたしは、外国人グループにいろいろ質問された…

道徳ってなんですか?(前編)|道徳の定義

質問「道徳ってなんですか? 道徳というものがあるならば、いずれかの宗教に裏づけされていますか?」 回答(スマナサーラ長老) 道徳とは判断することです。 では、われわれは判断することなしに生きていられますか? 犬猫は判断なしに生きていられますか?…

「龍樹」ーナーガールジュナはインドで何をしたのか?-

質問 「ずっと哲学を勉強していまして、途中でインド哲学に興味を持って、龍樹にすごく興味を持ったんですけれども……。 龍樹の言っていることを自分なりに理解したつもりなんですけれど、龍樹自身が最期は自殺したと本で読みました。 スマナサーラ長老が龍樹…

かつての日本人の謙虚さ、無我で義務を果たした精神が、生きている【日本のお寺 7(最終回)】

(日本のお寺は世界遺産。誰でも守る義務があります【日本のお寺 6】 より続きます) それ(仏像)を拝めば成仏できるというのは、関係のないところ。 そうじゃなくて、その中から、かつての日本人の謙虚さ、献身さ、無我で自己を顧みることなく、自分の義…

日本のお寺は世界遺産。誰でも守る義務があります【日本のお寺 6】

(ブッダは女性差別者ですか?【日本のお寺 5】より続きます) 日本のお寺が拝観料を取ったりすることは別に、日本の社会状況であって、何も言えません。 日本のお寺と言うのはお寺じゃなくて、もう世界遺産ですね。それは宗教と関係なく誰でも守る義務があ…

ブッダは女性差別者ですか?【日本のお寺 5】

(ブッダに有って、大乗経典に無いものとは?【日本のお寺 4】より続きます) 偉大なる徳の完成した人の母親が、出産後7日で亡くなったとは、当時仏教の本を書く人には、お釈迦様がちょっとかわいそうだと思ったでしょうね。お釈迦様はそう思っていなかっ…

ブッダに有って、大乗経典に無いものとは?【日本のお寺 4】

(お釈迦様が「人間」だと困る人たちとは?【日本のお寺 3】より続きます) 大学で最初に言われたことは、「こんな服装(橙色の衣)では困りますよ」と。「日本の仏教大学だから」と。そこでわたしがすぐ言ったのが「では教授、どんな服装をされていますか…