読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダ ラボ - Buddha Laboratory

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa 仏道実験室の作業工程と理論

みんな ″origin″ を探している

Origin(オリジン)って言っても、オリジン弁当のことじゃないですよ。(長老ギャグを真似しました) わたしたち人間というのは、思考の癖で、origin(おおもと)を探してしまうのだそうです。 スマナサーラ長老のたとえ話によると、 たとえば、針金と紙でち…

なぜ人は祈るのか?

なぜ人は祈るのでしょうか? パーリ経典解説《スッタニパータ5彼岸道品3学生プンナカの問い》 のなかの、スッタニパータ1052.(PTS.1046)で、お釈迦様が、祈祷することで生老病死は乗り越えられない、とおっしゃっていました。。 それでも、わたしはまだ…

冥想を頑張る人が陥る悩み

前回 は、お釈迦様が普段は使わない一人称の動詞 brūmi(ブルーミ)を使って、「わたしは自分の責任において次のように断言します」と、阿羅漢とはいかなるものかと表明した、おどろきの発言をご紹介しました。 今回の「スッタニパータ5彼岸道品3学生プン…

もう一つのbrūmi(ブルーミ)《パーリ経典解説 学生プンナカの問い》

brūmi(ブルーミ)という言葉は、お釈迦様による「保障つきの言説」を意味すると、前回 のブログでご紹介しました。 さて、もう一つのbrūmi(ブルーミ)はどこにあるのでしょう? 1054.(PTS.1048) ‘‘Saṅkhāya lokasmi paroparāni [parovarāni (sī. syā.)], …

パーリ経典解説《スッタニパータ5彼岸道品3学生プンナカの問い》

1/20(金)にスマナサーラ長老のパーリ経典解説がありました。 解説した経典はスッタニパータの「学生プンナカの問い」です。 「学生」というのは、仙人グループの中のお弟子さん、という意味だそうです。 このお経は、先生である仙人とそのお弟子さんたちグ…

慈悲の冥想の「覚りの光」とはなんでしょうか?

質問 「慈悲の冥想の中に、『覚りの光が現れますように』という部分がありますが、覚りの光とはなんでしょうか?」 回答 それは文学的な表現なんですね。 昔から、智慧と無知は、光と暗闇と文学的に表現されます。 お釈迦様も「覚りました」と表現したときは…

その島のひとたちは、ひとの話をきかない

その島のひとたちは、ひとの話をきかない 精神科医、「自殺希少地域」を行く (森川すいめい著 青土社 2016.07) 自殺で亡くなる人が少ない地域が、日本の中にあるという。 その土地は、ほかと何が違うのか。 タイトルは「その島のひとたちは、ひとの話をき…

ヴィパッサナー冥想をしていますが、自己流でやっているせいかうまくいっていません。

質問 「ヴィパッサナー冥想をしていますが、自己流でやっているせいか、うまくいっていません。 実況中継で思考を止めて、自分の感情に気づいたんですけれど、その感情をいくら実況中継しても消えないでずっと残っています。 こういう場合は、どうしたらよろ…

こぼれ話--新春講演会「莫妄想と考える力」

前回 はスマナサーラ長老の講演会「莫妄想と考える力」の全体を聴いた感想など書きましたが、今回は法話のメインからちょっと外れた、こぼれ話をいくつかご紹介します。 自分の走り書きメモの中に、「おもしろい」(興味深い、という意味です)とマークされ…

初期仏教新春講演会「莫妄想と考える力」2017.01.15

スマナサーラ長老の講演会「莫妄想と考える力」を聴いてきました。 「莫妄想【まくもうぞう】」とは「妄想すること莫(なか)れ」という意味だそうです。 妄想ってなに? ところで、妄想ってなんでしょうか? 思考と何が違うのでしょうか。 思考というのは客…

あらわになると輝き、隠されると輝かないもの

比丘たちよ、 あらわになると輝き、隠されると輝かないものが三つあります。 その三つとはなんでしょうか。 月はあらわになると輝き、隠されると輝かないものです。 太陽はあらわになると輝き、隠されると輝かないものです。 如来の説かれた真理と戒め(実践…

日本の宗教嫌い、あなたの宗教嫌い

昨年末のスマナサーラ長老の法話会で、こんな質問がありました。 「テーラワーダ仏教協会に来たりお布施をしたりすることについて、だまされているのではないかと、親から反対されます。協会に行くと言いづらくなり、かと言って嘘もつけないし、一体どうした…

自殺と「いじめ」の仏教カウンセリング

「自殺願望? みんなにあるんだよ」 というドキッとする一文もある、こちらの本。 自殺と「いじめ」の仏教カウンセリング Kindle版 アルボムッレ・スマナサーラ(著), 「kindle untitled 読み放題」にも入っていて、先月23日に出ました。 怒りの分析や子育て…

スマナサーラ長老が冥想を始めた理由

質問 「長老はなんで冥想を始めたんですか?」 回答 仏教は宗教じゃないので、理論だけやっても意味がない。仏教はまず教義がありまして、それから実践してヴェリファイ(verify 証明する)する。そういう三段階があります。Principles, practice, verificat…

原始仏典―その伝承と実践の現在― (サンガジャパンVol.25)《スッタニパータ(経集)第五『彼岸道品』一、アジタ仙人の問い〔前編〕》

原始仏典――その伝承と実践の現在―― (サンガジャパンVol.25) 今月出たばかりのサンガジャパン。さっそくページを開いた先は、「スッタニパータ(経集)第五『彼岸道品』一、アジタ仙人の問い〔前編〕アルボムッレ・スマナサーラ」です。 この連載のもととなった…

人が《成人》になるためにするべきこと

今日は成人の日ですね。それでは成人になりましょう(笑)。 歳を取っただけで、人間というのは成人にはなれません。 われわれは生まれたときから感情で、わがままで生きています。また凶暴な人々は、他人に迷惑をかけてまで幸せになろうと頑張っていますけ…

東京ブギウギと鈴木大拙

東京ブギウギと鈴木大拙 山田奨治著 人文書院 2015年 なんと、戦後を代表する歌謡曲「東京ブギウギ」の作詞は鈴木大拙の息子、鈴木勝(アラン)だったそうです。 鈴木大拙は、禅をヨーロッパやアメリカに紹介した偉大なる学者ですが、ずいぶんと子育てには苦…

君たちはいいね。好きなだけ駆けれるから

「この世界の片隅に」の原作を読んだのですが、 白木リンさんとはこういう人物だったのですか……! 映画 *1 では白木リンさんはあまり出て来ませんでしたね。 こうなるともう、周作さんのイメージも激変してきます。そして、主人公すずとの電撃結婚のわけも、…

仏教を知らないことで問題が起きる

山口県誓教寺さんが数か月ごとに出されている寺報「つきなみ」は、いろいろ学べるのでおすすめです。 今年の元旦号《誓教寺報 つきなみ 2017.01.01》の目次は、 仏教と文化②「文化は変わるが壊れない」 天宮事経(四十四)「大麦畑の見張り人の天宮」「耳飾…

守るべきもの

《スマナサーラ長老法話 2007.04.09 ブッダの誕生日(はなまつり)にちなんで https://www.youtube.com/watch?v=3BYCITvRDtE より、法話めもとしてまとめました》 昨日、花まつりがありましてそちらに参加しました。 花まつりがあったのは山口のほうで。 花…

「脳はいかに意識をつくるのか 脳の異常から心の謎に迫る」ゲオルク・ノルトフ著、高橋洋訳

脳はいかに意識をつくるのか 脳の異常から心の謎に迫る ゲオルク・ノルトフ著、高橋洋訳 白揚社 2016.11 この本は、著書によるとこのような内容だという。 「わたしの目的は、不健康な脳から健康な心を推論することだ。それによって、哲学者が心や脳と呼ぶも…

執着を溶かす『呪文』

昨年末に行われた、スマナサーラ長老の年末特別法話のメモ書きです。 ” 最終的にこころが清らかになるには、「呪文」があるんですね。 その呪文を唱えてください。何か悩んでいるときは、「これが執着だ」と。「執着があるんだ。何かに引っかかっている。そ…

あけましておめでとうございます 2017

あけましておめでとうございます。 昨年末は、おてらおやつクラブへの呼びかけ に、たくさんのご賛同をいただきまして、ありがとうございました。 金積寺(こんしゃくじ)さんがFacebookに、皆さんから送っていただいたおやつの写真をたくさん載せてください…

2016年 こころに残った法話 13選

今月に入り、 【アンケート】こころに残った法話は? を実施しておりました。 コメント欄にお答えを書き込んでいただいた皆さま、どうもありがとうございました ( っ_ _)っ)) どの法話も、二人以上の方が推すものはなかったので、順番にご紹介していきます…

「この世界の片隅に」いる すずさん、しずこさん、あなた、わたし

こんな本を読みました。 しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊) 大判で写真も豊富。昔の写真がきれいなんですよ。技術だなぁ。 戦前と戦後のたくさんの写真と 、大橋鎭子さんという「暮らしの手帖」を創った一人の女性の一生が濃縮さ…

2015年の 「法話めも ベスト5」。そして今……

現在このようなアンケートをしていますが、 《年末アンケート実施中》 ↓↓ 下記記事の一番最後にある「コメントを書く」をクリックして、今年一番こころに残った法話記事を書き込んでいただけると幸いです。↓↓ 【アンケート】こころに残った法話は? 去年は4…

病気中の自己観察

《東京法話会2007.03.22 病気中の自己観察 上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館) https://www.youtube.com/watch?v=yqMOj1UxVH を聞いて書きました》 体の調子が悪い場合は、休んでください。堂々と。 「休もうかな。でも、やっぱり仕事に行った方がいいのかな……

阿修羅の伝説

《東京法話会2007.03.22 阿修羅の伝説 上座仏教教室(千駄ヶ谷区民会館) https://www.youtube.com/watch?v=euUwQHxnoLs を聞いて書きました》 阿修羅の伝というのは、インド人の迷信です。 「月食・日食っていうのは、阿修羅という神によって起こるんだ」と…

テーラワーダ仏教の実践

今からちょっと、あるセンテンスを並べていきます。 そこでクイズ! このセンテンスは何でしょうか??? どこで使われているものだと思いますか? 仏教の要諦は、様々な言葉で言い表されているが、すべて正しい 仏教徒はしっかりした原理を持ち、ただ一心に…

お布施で忘れてはいけなかったこと

授業参観などを見に行くと、子供たちの発表する声が小さい、ということがよくある。 それと似ていることで、授業中にあまり手を挙げない子もいる。 なぜ手を挙げないかと言えば、単に答えがわからないということも当然あるし、自分の答えはあるのだけれど自…

【経典解説】小部 スッタニパータ5.彼岸道品2. ティッサ・メッテイヤ学生の問い

スマナサーラ長老によるパーリ経典解説がありました。 #jtba【ご案内】12/9(金) スマナサーラ長老『パーリ経典解説』18:30~ ゴータミー精舎 パーリ経典から翻訳では決して伝わらないブッダの真意に触れてみましょう。どなたでもご参加いただけます。 https:…

感情や痛みの感覚を、どういうふうに実況中継したらいいのかわからなくなってしまいました

質問 「ヴィパッサナーを実生活で応用したいと思っています。 たとえば、料理をしているときや掃除をしているときに動作を実況中継していますが、体の動きはいいのですが、こころの中の感情や、『ここが痛い』などの感覚が出てきてしまって、これをどういう…

自己啓発本について

質問 「世の中には、『いいことを想像すれば幸せになれる』という本がたくさん出回っていますけど、仏教ではその『想像すること』も妄想になるのでやめるべきなのでしょうか?」 回答(スマナサーラ長老) これは一概に答えられないんですよ。 それぞれの本…

『幸せ』とは何ですか?

質問 「仏教が言うところの、『幸せ』とは何ですか?」 回答(スマナサーラ長老) 仏教が言うところの、というより、科学的に「幸せは何ですか?」ということですよ。 別にあの人が言うことがわたしの幸せだ、というのはおかしいでしょう? そういう科学的に…

おてらおやつクラブ【金積寺】

おてらおやつクラブ*1 に参加なさっているお寺さん《金積寺》を、新たに、下記のお布施リストへアップしました。 金積寺(おてらおやつクラブ)へお布施リスト 金積寺(こんしゃくじ)と読むそうです。 Facebook:https://www.facebook.com/konsyakuji/ 回答…

理性とは、なんですか?

質問 「理性とは、なんですか? 辞書で調べてもイメージが湧きません。わたしは狭い世界でしか生きていないので、会社、家庭の世界でしか生きていないので、その中で理性的にするというのはどういうことになるのでしょうか?」 回答(スマナサーラ長老) 誰…

【アンケート】こころに残った法話は?

いつもこのブログを読んでいただきましてありがとうございます。 今年も師走になりました。 年末恒例の……といってもこのブログでは今回が初めてですが、アンケートを実施したいと思います。 【アンケート】今年一番こころに残った法話記事はなんでしたか? 2…

【最終回】最善の選択(9)

《前回 なぜ人類の問題は解決しないのか - 最善の選択(8) 》 幸福だと思って大量破壊兵器を作るでしょう。 原子爆弾や原発を作るでしょう? あれってバカが作っていると思っている? あの連中は結構研究している一流の科学者たちなんです。でも、こころが…

なぜ人類の問題は解決しないのか - 最善の選択(8)

《前回 こころのもう一つの法則 - 最善の選択(7)》 それで、こころが「これが幸せだ」と判断して何かをする。 麻薬をやる人は、麻薬をやることで楽になるという判断でやる。酒を飲む人は、酒を飲んだら楽しくなるという前提でやってしまう。 とにかく金さ…

こころのもう一つの法則 - 最善の選択(7)

《前回 こころは危ない - 最善の選択(6)》 次のポイントを言ってから、話を終了します。 こころの法則がもう一つあるんです。こころが幸せになりたいんですね。 これは証明できる? 実験室で証明できるわけじゃない。物理化学じゃないんだから。 みんなに…

こころは危ない - 最善の選択(6)

《前回 こころは無明 - 最善の選択(5)》 生命を幸せにしたければ、治療するべきところはどこですかね? それは、こころのいい加減さ、不確定な状態なんです。無明で判断することはやめてもらわなければいけません。感情で判断することはやめてもらわなけ…

こころは無明 - 最善の選択(5)

《前回 支配者はこころ - 最善の選択(4)》 それから、「よくわからない」ということもあるんです。 リンゴを選ぶときでもニンジンを選ぶときでも、「あなたの選んだニンジンが、このニンジンの山の中で一番おいしいんですか?」と聞かれたら、わからない…

支配者はこころ - 最善の選択(4)

《前回 世界を支配するもの - 最善の選択(3)》 初期仏教というのはそういうことで、ほかの仏教ではこころにアクセスしようとするんだけど、ある側面しか観測しないんですね。現代の大学の科学研究と同じです。 科学って膨大なものですけど、一人の人間が…

世界を支配するもの - 最善の選択(3)

《前回 脳を支配するもの - 最善の選択(2)》 こころの調子が悪かったら、全体的に全部悪い。 自分にも悪いし、世界にも悪い。 すべてのことはこころに支配されて、管理されている。 こころが世界を作っている。こころが命を作っている。こころが肉体をい…

脳を支配するもの - 最善の選択(2)

《前回 最善の選択(1)》 次。 では選んだのは誰ですか。決めたのは誰ですか。 レストランのメニューには、結構あるんですね。わたしは食べるよりもメニューを見るのが楽しいけどね。ファミリーレストランとか、ぶ厚い本みたいなメニューを持ってきますが…

最善の選択(1)

《スマナサーラ長老法話 関西定例冥想会 2016.11.13 https://www.youtube.com/watch?v=FKgZ8djfv40&feature=youtu.be を聞いて書きました》 わたしたちは買い物で店に行ったら、たとえばニンジンがありますね、何も見ないで買い物かごに入れるわけじゃないん…

こころの広げ方 - シンパシーよりエンパシー

きのう11/23(水・祝)「法話と実践会」が、午前は幡ヶ谷区民会館、午後はゴータミー精舎で行われました。 法話と実践会とは…… 「スマナサーラ長老指導のヴィパッサナー冥想の基本が学べる冥想会です。全員参加の質疑応答コーナーのあと、初心者への冥想指導(…

次元を破って生まれてくるもの - 【最終回】お布施ってどういうこと?(3)

<前回 お布施で破る次元 - お布施ってどういうこと?(2)> そういうことで、お布施のいろいろなものがありまして、そのうちの一つがカティナ衣です。 今はあまり意味がない、正直なところ。昔は意味があったんだけどね。ブッダの時代ではね、綿から糸を…

お布施で破る次元 - お布施ってどういうこと?(2)

<前回 お布施ってどういうこと? - カティナ衣法要(1)> そこでお釈迦様がおっしゃっている第一番目は、超越した道の第一歩は、お布施なんです。 現代ではお坊さんたちが儲かるために変な解説をしていますけど、わたしは貧乏を喜んでいるからどうったこ…

お布施ってどういうこと? - カティナ衣法要(1)

《アラナ精舎カティナ衣法要「雨安居明け」お布施式 スマナサーラ長老法話》 お布施ってどういうことかというとね。 お布施することで神経科学的にどう影響がでるのかと研究している科学者たちは、最終的には、お釈迦様がおっしゃっている結論には来ているん…